平成19年度より、高校の進学コースに「スポーツクラス」が新設されます!スポーツで進学したい!そんな思いを徹底的にバックアップします!


   飛躍するスポーツ競技の教育

「佼成女子」といえば、バスケットボールやハンドボールなど、スポーツ競技の盛んな点では、都内でも屈指の学校として知られてきました。全国大会での優勝という輝かしい実績も有しています。

これまで、クラブ活動の一環として、放課後の短い時間の中で練習を積んできましたが、それだけで抜きんでた成果を続々と挙げてきたのは、全国でも有数の体育施設と傑出した指導者陣(専任教諭5名他)を有しているからです。

 

   どんなことが学べるクラスなの?

昨年までの実績を基に、いよいよ2007年度から正規の教育課程として、それらの体育競技の教育活動を開始します。
それが進学コースに新設される「スポーツクラス」です。実技から理論まで、様々な工夫を凝らしています。

たとえば、週7時間もある体育科目のなかでも「特設スポーツ」は、
 1、生徒の専攻競技グループに分かれて行う
 2、どのグループも1~3年生が合同で行う
という、日本で初めての授業形式です。

21世紀の体育教育の新しい試みが、佼成学園女子高に生まれたのです。

■スポーツクラスのカリキュラムはこちら
■2007年度入試概要はこちら