先日行われた春の英検まつりで見事、「英検準1級」合格者が出ました!
合格の秘密を徹底解剖すべく、合格者のSさんに取材をしました。


——————————————————————–

Sさんは大の映画好き。
「ロード・オブ・ザ・リング」のようなファンタジーが特にお気に入りだそうですが、これも「留学の後期には、全部は無理ですが、字幕なしでも内容はだいたいわかるようになりました」とのことです。スゴイ!
ちなみにこの映画、ニュージーランドの監督がニュージーランドで撮影したものなんですよね。
Sさんとニュージーランドは、なんだか縁がありますね!

さて、英検に話を戻しましょう。

Sさんが英検を初めて受験したのは中学2年生の時。まずは腕試しに4級を受験しました。もちろん合格。
翌年の中学3年生では3級、留学から帰った高校2年生の時には2級をそれぞれ受験し、いずれも1回で合格しました。

そして今回の英検準1級ですが、実は今回が初めての受験だったそうです。そして見事に合格した、というわけなのです。
合格を知らされた時は、「びっくりしました。まったく予想してなかったので」というほど、本人も驚きの結果だったそうです。「過去問とか全然ダメで、当日もそこまで出来た感じがしなかったので、本当にびっくりでした」と、予想外の感想を述べるSさんでした。

そして合格を知らされて一番喜んでくれたのはやっぱり家族。「よかったねー、って喜んでくれました」と笑顔で語ってくれました。

(次回につづく)