ハングル文字
日程:2007年8月5日(日)~11日(土)
場所:貞信女子高等学校 、徽慶女子高等学校



選手は期待と不安を胸に抱き、羽田空港に集合。飛行機の中では、就寝。あっという間に金浦空港に到着しました。空港には、貞信高校のコーチとキャプテンが迎えに来て下さいました。ホテルに到着後、荷物整理、練習の準備をして明日に備えました。
いよいよ練習です。1年生は初めての韓国なので、緊張がピークに。場の雰囲気に呑まれ、思うように体が動きません。
練習は、フットワークを中心に、ボールを使って細かい攻防練習、午後はゲームを行いました。7日の午前まで貞信女子でお世話になりました。選手ともすぐに仲良くなれましたが、また会えることを信じ、徽慶女子に移動しました。
午後より、徽慶女子との練習です。最初のフットワークで佼成の選手はバテテしまう程辛いものでしが、徽慶の選手は当たり前のようにやっていて、そこで力の差を見せ付けられました。
徽慶女子では、午前は主にポジションごとの自主練習を選手がマンツーマンでついてやってくれました。午後はゲームを中心に行いました。午後のゲームでは、中学生とも試合させてもらいましたが、とても強く勝つことはできませんでした。
だんだん練習にも慣れてきて、選手とも仲良くなってきた頃にお別れです。最終日の夜に韓国ハンドボール協会に副会長先生が、徽慶の選手と佼成の選手にサムギョプサル(豚の三枚肉)をご馳走して下さいました。楽しい一時を過ごすことができました。
今回は1度に2校にお世話になりました。どちらの学校もとても丁寧に教えて下さり、選手の個人技術の向上に繋がりました。
この遠征支えて下さった皆様、有難うございました。

全員でおそろいのポーズ
丁寧な指導
練習風景
練習
集合写真
移動
食事会
サムギョプサル(豚の三枚肉)をご馳走になる
貞信女子高等学
記念撮影