徹底検証!4前回から引き続き、佼成女子が近年、いわゆる「MARCH以上の有名大学」への合格実績を伸ばしている理由を、今回は進路指導部長の田中先生に聞いてみた。
「まだまだ実力が過小評価されすぎている佼成女子」の「最新の進学情報誌すら把握できないほどの勢い」を生み出した秘密は何であろうか?


「これらの難関校へ合格した生徒の多くが『進学講習室』で学習に取り組んだ生徒たちです」(田中先生)

『進学講習室』とは、放課後の校内に設置された、受験支援勉強室のようなものだそうだ。そこには大学受験のエキスパートが常駐し、生徒の学力アップをサポートしているという。

これは、「特進文理コース」の生徒は必修、「特進留学コース」も帰国後に必修で受講する、さながら「放課後の予備校」といった存在である。

「この講習室講習を導入して二年目の昨年度は、飛躍的に難関校への進学実績が向上した年でした」(田中先生)とおっしゃるように、どうやらこのシステムが、佼成女子飛躍のトップシークレットだったようである。

さらに、「授業と特別進学講習の教材に統一性をもたせ、授業では基礎基本の徹底、『講習室』では上級の講習を行うことで、効率よく学習できるように配慮しています」と田中先生も語っておられるとおり、昼間と夕方で質の違う勉強ができることで、学びにメリハリが生まれ、生徒にも大好評だという。

また、この講習は都内大手予備校の1/4程度の費用で受講できるそうだ。これは私立の高校に娘を通わせている保護者にとっても、大きなメリットであろう。

そして、「学校→予備校」という移動の必要もないので、この大切な時期の時間の節約にもつながってくる。なおかつ、移動がないということは、女の子が街の危険にさらされる心配も少なくなるということだ。

なるほど。脱帽である。この「講習室」という制度、実に「メリット」しか見出せない。
前々回の「留学」と今回の「講習室」。佼成女子の大学合格実績急上昇の理由が解明できつつある。
次回は最終秘密兵器、江川昭夫教頭を紹介してみたい。

(文責・教育ライター 吉本真一)