現在、佼成学園女子が特に力を入れている英語教育の一環でもある「英検まつり 2008年第1回」が、6月4日より2週間の日程で開催されます。

「英検まつり」とは、佼成学園女子で毎年、6月と10月に行われる、全校あげての英検受験運動で、この期間は中学生も高校生も全員、特別カリキュラムで英検受験に備えます。どんな内容か、ご担当の松村先生にお伺いしました。
「まず、朝の30分間に全クラスで、受験級別の単・熟語テストをします。1枚のプリントに20の単・熟語があって、そのテストの合格枚数を個人ごと、クラスごとで競い合い単語力、熟語力を強化します。そして放課後には、希望者を集めて講習会も開いています。」
その甲斐あって、英検合格率が年々アップし、今回は1級1名、準1級27名、2級103名など中高あわせて500名の生徒さんが英検を受験することになっています。結果はまたこちらで報告いたしますので、どうかお楽しみに。(文責・吉本真一)