みなさんこんにちは。教頭の江川です。

さて、いよいよ夏休みですね。健康に充分留意して、有意義に過ごしてください。特に高校3年生のみなさん、ラストスパートを応援していますよ!

ところで、「夏休み」は英語で何と言うでしょう?

はい正解!‘summer vacation’ですね。でもこれはアメリカでの使い方。イギリスでは‘summer holiday’と言うんです。“Summer Holiday”という往年の名曲もありますね。そこではこんなふうに歌われています。

♪ Everybody has a summer holiday. (みんなに夏休みがあるんだよ)

せっかくだから思い出しておきましょう。「みんな」という意味の‘everybody’は「単数」でしたよね。‘everyone’も‘all’も同じ。日本語の感覚と違うので、間違えないようにね。だからさっきの歌詞では、‘everybody’の後は‘have’じゃなく、単数形の‘has’がきています。

(ついでにもうひとつ。イギリスではこの歌詞のように、長い休みのことを‘holidays’じゃなく、‘a holiday’と言います。これ豆知識!)

では皆さん、また2学期に元気な姿で会えることを楽しみにしています。

♪ I can’t have any summer holidays・・・・?

教頭(英語科) 江川昭夫