2008年7月5日から3日間現地合宿が行われた温泉の町ロトルアでは50年ぶりの雪が私たちを迎えてくれた。

この合宿は、留学をしてから6ヶ月の間、それぞれがどのように様々な困難を乗り越えながら、NZでの学習および生活をしてきたかをクラスでシェアする大きなホームルームのようなものだ。4月合宿と合わせて今回で2回めだ。
生徒はHamilton,Tauranga地域から合宿所へやってくるため到着順に個人面談を行い、帰国後に備えて英検2級模試を行った。多くの生徒は自分のリスニング力の成長を実感できたようだ。

保護者の方々や先生からのビデオレターを見ながらの夕食。
この日はしょうが焼きをメインに久しぶりの和食を楽しんでいた。彼女たちは出発前に料理をマスターしているので、異国の地でもサッと和食を作り上げてしまう。素晴らしい女性になるに違いない。

KGGS (Kosei Girls Global Studies) 宍戸崇哲