山本校長こんにちは。校長の山本です。
今ちょうど本校のニュージーランド留学生たちは、年に2度ある合宿をしております。その合宿のために日本から出発する国際交流部長と担任の先生にことづけ、私から応援のビデオレターを送りました。現地でくじけずにがんばっている子たちが、今ごろ見てくれていることでしょう。今回はその文章を紹介させていただきます。

「1月にニュージーランドに出発して、ちょうど半分の月日が経ちました。4期生のみなさんお元気ですか?
君たちは今、一年間の留学をひとつの山を越えることにたとえると、これまでの前半はちょうど必死で山に登っているような日々ではなかったでしょうか? さびしい時、苦しい時、支えてくれた友人やニュージーランドの人々、振り返るとたくさんの出来事が思い出せるでしょう。そして今はちょうどその真ん中。山の頂上にあたります。なつかしい日本の風景が見えるところまで登りつめました。いよいよ残り半分です!悔いのないように思い切り、ニュージーランドの人々との交流を深め、素晴らしい体験をして帰ってきてください。ここまでがんばってこられた自分を心から誇りに思ってください! そしてさらなるチャレンジをしてください! 12月、大きく成長して日本に帰ってくる君たちを待っています。」


校長 山本喜平太