こんにちは。校長の山本です。
高校2年生が7月4日から、オーストラリアのケアンズへ修学旅行に出発しました。今ごろは2~3名に分かれて、「一日ホームステイ体験」をしていることでしょう。そして明日あさっては、グループに分かれてケアンズの熱帯雨林に向かい、異国の大自然を体験する予定です。その中で、環境問題を意識した「記念植樹」も組み込まれ、エコロジーにも関心を向ける良い経験になることでしょう。この木はオーストラリアの大地ですくすく育ち、いつか再び訪問した時に、青春の日の思い出を振り返る記念にもなるはずです。これらは佼成女子としては初めての試みです。

そして今回の修学旅行には、もうひとつ新しい取り組みがあります。「修学旅行の後、そのまま居残って語学研修をする」という選択肢の創設です。それは、7月9日に修学旅行から帰ってくるグループと、さらに8月9日まで残ってホームステイをしながら語学研修をするグループに分かれる、というものです。
このような私たちの新たなチャレンジは、オーストラリア政府観光局の皆さんからも注目を集める結果となりました。そしてオーストラリア政府観光局のビデオ撮影チームが同行し、私たち旅行団の記録を全部撮っていただけるなど、数々の素晴らしいサポートも実現することになりました。
今回初めて行う、オーストラリア修学旅行と語学研修プログラム。オーストラリア大陸で思いっきり異文化を体験し、素敵な思い出をたくさん作って帰ってきて欲しいものです。


校長 山本喜平太