「読売ウイークリー」2008年10月5日号みなさんこんにちは。教頭の江川です。
「乙女祭」は大いに盛り上がり、有意義な時間を共有できましたね。

さて先日、本校は「読売ウイークリー」という雑誌の取材を受け、その記事が今週号に掲載されました。
もうお読みになった方も多いと思いますが、うれしいことに佼成女子は、「中高一貫 女子校選び 6つのキーワード」と題された巻頭記事のトップに掲載されています。

▲「読売ウイークリー」2008年10月5日号は、ただいま書店・キオスク・読売新聞販売所などで好評発売中。350円。


この記事の第1のキーワードである、「国際化教育」の具体例として、本校は取り上げられました。見出し文は、「英語漬けの毎日 佼成学園女子」。本文中では、使える英語を身につける方法として、佼成女子のイマージョン授業と「英検まつり」が紹介されています。

ご存知の通り、佼成女子中は、音楽、美術、体育、パソコンの4科目で行われる、英語のネイティブスピーカーによる「イマージョン授業」が特徴です。それに加えて、年2回の「英検まつり」や、高校での「ニュージーランド・特進留学コース」など、英語カリキュラムには自信を持って、たゆまぬ努力で進めてきました。

本校のイマージョン授業の写真が、トップを飾りました
▲本校のイマージョン授業の写真が、トップを飾りました。

それらが今回の記事で、「英語にどっぷり漬かりたい子にはうってつけ」と評価していただき、本当にうれしく思います。本校の方向性が正しかったことを、証明していただいたような気持ちです。

まだお読みになっていない方も、売り切れる前にご覧いただきたいなと思います。

教頭(英語科) 江川昭夫