9月14日(日)に本校で行われましたMIP SPORTS GAMES in 世田谷に、スポーツクラスの高校1・2年生(45名)が中心となりボランティアとして参加しました。

前日より学校に宿泊し、主催者の方々と全員で入念なミーティング後、会場設営、用具の準備、掃除等を行いました。
当日は、小学生によるチャレンジスポーツラリー(約190名)と親子で楽しめる親子コーディー(約65名)、高齢者のためのセーフティーウォーキング(約30名)、小中学生対象のスポーツクリニック(約90名)が行われました。本校の生徒は、各種目の講師補助、小学生の誘導、受付、案内、警備などの仕事を担当しました。
本校の生徒たちは、普段体験できないスポーツイベントの主催者となり、運営することの難しさ、子ども達を動かすことの大変さを知るとともに、小学生や高齢者の方々との触れ合いを通じて、今までとは違う感動や喜びを得ることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
また、トップアスリートの講師の指導を間近で見学し、専門以外のスポーツに触れたことで、自分の専門競技にも参考になることがたくさんありました。

特定非営利活動法人MIPスポーツ・プロジェクト
「青少年の健全育成」と「日本のスポーツ文化の向上」を目指していると共に、アスリートのセカンドキャリアを構築することで、新しいスポーツ産業の創造に貢献する活動を行っている団体。MIP SPORTS GAMESは全国約100ヶ所で開催し、今後も継続的に展開される予定です。

生徒の感想(抜粋)
・ こういう仕事に就くのもいいと思った(5名)
・ 小学生と触れ合って、とても楽しかった(多数)
・ 自分にとって為になることがあって、とても勉強になった(多数)
・ トップスリーとのお話が聞けてよかった(多数)
・ 自分が子供だったらぜひ参加したいと思った(11名)

受付のボランティア 小学生によるチャレンジスポーツラリー
ストレッチ運動 スポーツクラスのボランティアたち