こんにちは。教頭の井上です。めっきり寒くなりましたね。体調管理には気をつけたいものです。
さて、先日の11月5日、本校の高校2年生は、「進路ガイダンス」というものに初チャレンジしたので、そのことを報告いたします。

本校では、高校2年生の3学期を「受験のゼロ学期」として、いっせいに受験体制に入ります。その前のこの時期に、多くの大学や専門学校の話を聞いて、進路選択の幅を広げようというのが、今回の「進路ガイダンス」の目的です。

企画を担当した、進路指導部長の田中先生もこのようにおっしゃっています。
「本格的な受験体制に入る前の高校2年生の2学期で、モチベーションを高める最適の機会にしようと、今回の進路ガイダンスを企画しました。大学・専門学校ってこんなところなんだ、とイメージをふくらませてくれたらと思います」

■ご参加校一覧

法政大学、青山学院大学、中央大学、東京女子大学、日本女子大学を中心とした以下の大学です。
東京農業大学・短大、駒澤大学、東京医療保健大学、武蔵野大学、恵泉女学園大学、玉川大学、日本女子体育大学、昭和女子大学・短大、東海大学、女子栄養大学・短大、帝京大学・短大、桜美林大学、大妻女子大学・短大、杏林大学、東洋大学、白梅学園大学・短大、東京薬科大学、立教女学院短大、駒澤女子大学・短大、明星大学、帝京平成大学、東京工学院専門学校、日本美容専門学校、辻調理師・辻製菓・エコール辻東京専門学校、日本スクールオブビジネス・東京IT会計・東京法律専門学校、慈恵第三看護専門学校、日本外国語専門学校、日本デザイナー学院・日本写真芸術専門学校

さて、結果は・・・
進路ガイダンスの会場
▲進路ガイダンスの会場は、本校の講堂です。
各学校のブースが設置される
▲このように、各学校からご担当者にお越しいただき、ブースを設置。本校の生徒が自由に移動して、興味のある学校のお話を聞くという形式です。
大学のブースで話を聞く生徒
▲ブースの数は、相談コーナーを含めて34ブースです。本校の卒業生が進学した大学、短大、専門学校の中から、お越しいただきました。
メモを取りながら説明を聞く生徒たち
▲この日、生徒たちには「3校のブースを訪問し、レポートを記入する」という課題が与えられています。各学校のチェックポイントとして、「希望の学科やコース」、「取得可能な資格」、「入試科目、入試時期」、「就職状況」、「初年度学費」を、それぞれ記入してもらいました。
パンフレットを見つめる生徒たち
▲生徒の感想「お話がすごくわかりやすかった。大学に興味がわきました。今年からできた新学科のことを聞いて、自分の将来の仕事が見えた気がします」
生徒たちが集まるブース
▲生徒の感想「行きたい大学の候補が見つかった。これから一年間がんばろうと思います。ファイトが出てきた!」
担任の先生方
▲生徒たちを見守る、担任の先生方。「授業とはまた違った意味で、勉強になっているようですね!」(2年B組担任 嘉戸先生・談)

どうやら高2の生徒たちにとって、はじめての進路ガイダンスは実り多いものになったようです。私たち教師も、そんな彼女たちを精一杯応援しつづけてまいります。

最後になりましたが、ご足労いただいた各学校のご担当者の皆さま、ありがとうございました。今後とも、本校の生徒をよろしくお願いいたします。

教頭(体育科) 井上まゆみ