江川教頭みなさんこんにちは。教頭の江川です。
さて先日11月22日(土)の午後、受験生・保護者の皆さまを対象にした、平成20年度第4回中学校説明会を開催しました。 今回の説明会の目玉は、「学校生活楽しいかな!?【在校生によるパネルディスカッション】」と「ネイティブ教員がご案内 佼成女子キャンパスツアー」でした。
それでは以下に、それら内容を写真とともにレポートいたします。お越しいただけなかった方も、「佼成女子の校内ってこんなふうになってるのね」と、ご納得いただければと思います。そして次回の中学校説明会にも是非お越し下さい。
(掲載写真は肖像権に配慮して、画像の一部を加工しております)


▲まず保護者を対象にした説明会では、井上教頭先生の司会のもと、本校の中学生3人に登場してもらい、英語だけで行われるイマージョン授業のことや、英検まつり、それに中学3年生のニュージーランド修学旅行のことなどを、自由に話してもらいました。


▲私、江川からは、授業料などが免除される「特待生制度」や、お得な「受験制度」、そして佼成女子自慢の「入るは易く、出る才女」の最新データをご説明いたしました。


▲そのころお子さまには実際の中学校の教室で、「本校の入試問題に挑戦しよう!【チャレンジ国語と算数】」を受けていただきました。


▲保護者への説明と入試問題への挑戦が終わり、いよいよ「ネイティブ教員がご案内 佼成女子キャンパスツアー」が始まりました。男女1名ずつの外国人教員が、全編英語だけで校内をご説明します。



▲こちらはグローバルセンター。ネイティブ教員がいつでも待機していますので、お昼休みにはお弁当を持って英語のおしゃべりを楽しむこともできます。この日も、土曜日の午後を過ごす生徒の姿がありました。


▲つづきましてカフェテリア。「Very delicious and cheap!」だそうですよ。食べに来てみてくださいね。


▲こちらはイマージョン授業でも使われるマルチメディア室。コンピュータの知識と英語を同時に学べる、一石二鳥の授業が行われます。


▲プールは本部棟の屋上にあります。女子校なので、外からは見えないように配慮がなされています。


▲本部棟の廊下には、早くもクリスマスの飾りつけが。ウキウキする気分を高めています。


▲こちらが佼成女子自慢の「お茶室」です。本校では通常の授業とは別に、茶道や書道の時間があるのです。日本文化も大切にしています。


▲「こんなに立派なお茶室を持つ学校は、そうそうありません。これだけのものを揃えているということは、この学校が子どもたちに、勉強だけでなく、人間として女性として、美しさや道徳心を学ばせてあげたい、という気持ちが強い証拠です。ここで学ぶ立ち居振る舞いや挨拶の仕方は、必ず彼女たちの生涯の財産になりますね」(茶道の山田先生・談)


▲キャンパスツアーのゴールは、本部棟ロビー。制服のディスプレーをご覧いただきました。


▲半世紀の伝統を持つセーラー服が、本校の制服です。


▲今回のキャンパスツアーには、多くの生徒が協力してくれました。上の写真中央は、協力してくれた生徒をねぎらう山本校長の姿です。





▲その後は、希望者を対象とした個別相談会です。本校の個別相談会は、教職員だけでなく、生徒からもいろいろと聞ける点が特長です。「ホントのところ、女子校ってどんな感じなの?」是非皆さんも直接聞きにきてくださいね。




以上です。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

教頭(英語科) 江川昭夫