図書館「若者の活字離れが進んでいる」と言われ続けているそうですが、本校には今も昔も変わらず、「本好き」の女子であふれています。
それを支えているのが、今回ご紹介する素敵な図書館と、中学1年生から始める特色のある読書教育です。

まずは図書館のご紹介。

佼成学園女子の図書室は、良いものを大切に使い続けている、女の子らしい空間です。
本棚や机の木目と、カーペットのサーモンピンクがマッチした、静かで居心地の良い場所なのです。

0022
▲自動扉のエントランス

0041
▲生徒数に対して、実に広々としています

0052
▲司書教諭の阿部先生(右)と、図書館司書の太田先生(左)が、
生徒たちの読書生活をサポートしています

0061
▲もちろんパソコンでの検索コーナーもあります

0072

0082

0092

0102
▲マガジンラックには、『装苑』、『MOE』、『non-no』といった
女の子らしい雑誌も取り揃えています

0112

0122
▲図書館では静かにね

0132

0142
▲最新の本から、古典的ベストセラーまで、整然と並んでいる本棚

0162
▲『風の谷のナウシカ』、『陰陽師』、『あさきゆめみし』、
『ベルサイユのばら』といった漫画も置いてあります

0172

0181
▲本棚からぬいぐるみが「こんにちは」

0191

0202
▲留学クラスや修学旅行のための、ニュージーランド、
オーストラリアに関する本の棚も盛りだくさん

0211

0222
▲お父さん、お母さん世代が夢中になった本も現役です

0232

0242
▲最近はドラマの原作本やフォトブックなども人気です

このように充実した図書館を利用して、本校では読書教育にも力を入れています。

まず代表的なのは「朝の読書」。
今では全国的にも有名な読書運動ですが、
本校ではこれに「英語の本」も取り入れているのが特長です。

毎朝みんなで、授業の前に10分間、図書館から借りてきた本や、
教室にある学級文庫を黙読することで、
その後の授業にも集中できる効果があります。

040
珍しいところでは、「オビを作る」という授業があります。

これは、ただ本を読んで感想文を書くだけじゃなく、
「自分が読んだ本を人に紹介する」ということをテーマにしています。

書店で売られている本には、その本に注目してもらうための、
「オビ」と呼ばれる紙が巻かれています。
「オビ」には、著名人の推薦コメントや、どんな点が面白いのかが、
趣向を凝らして書かれているものです。

そこでこの授業では、生徒たちでこの「オビ」を実際に作ってもらい、
みんなで評価しあうのです。
単に感想文を書くよりも、
クラスでわいわい楽しむことで本に親しむことができますし、
「読んだ本を他人にすすめる」という、読書のもう一つの楽しみを
見つけることができるのです。

041
▲そんな「オビを作る」授業で、生徒たちが作ったものが
図書館に展示してあります。もちろん貸し出しも可能です

042
▲はやみねかおるさんの『都会(まち)のトム&ソーヤ』シリーズはよく読まれています

044
▲森絵都さんの小説はどれも人気ですね

045
▲この世代向けの文芸の世界では、ヤングアダルトやジュヴナイルと呼ばれる
正統派の翻訳小説も大人気です

046
▲芥川賞をとった金原ひとみさんのお父さん・金原瑞人(みずひと)さんは、
本校の生徒に大人気の翻訳家の一人です

047

他にも、「群読(ぐんどく)」という授業があります。

これは、短い話を選んでグループで朗読をするもの。
ただ朗読するだけじゃなく、何人かの生徒で登場人物を割り振ったり、
ナレーターのように地の文を読む人や効果音を出す人を決めて、
アニメや外国映画のアフレコをする雰囲気の授業です。

このように様々な工夫により、読書に慣れ親しむことで、
本校の生徒は本好きになっていくのです。

049
▲図書委員が作っている新聞「りぶれーる」。
バックナンバーはカウンターに置いてあります

050
▲「りぶれーる」と、年に1回発行している『一冊の本 ~私からあなたへ~』。
4月のオリエンテーションで新入生に配ります

055

受験勉強やファッションに忙しい思春期の女子たちに、
ひと時の安らぎを提供し、また、内面を磨いてもらうために、
今日もたくさんの本が待っています。

学校を卒業した後も、何か素敵な思い出が残るような・・・。
佼成女子の図書館は、そんな本との出会いを提供し続けています。

(文責 佼成学園女子中学高等学校 広報室)