佼成学園女子中学校みなさんこんにちは。教頭の江川です。

さて2月1日(日)午前9時より、佼成学園女子中学校の一般入試が始まりました。前日までの雨も上がり、さわやかな朝の日差しの中、受験生・保護者の皆さまが受験会場にお越しいただきました。

今回の受験志願者数は前年度より増加しています。

それでは以下に、その内容を写真とともにレポートいたします。

(掲載写真は肖像権に配慮して、画像の一部を加工しております)

入学試験場
▲朝の寒い中、緊張した面持ちでお越しいただく受験生と保護者の皆さま。「がんばってくださいね!」と、お声をお掛けしたくなる後ろ姿でした。

事務長と教頭の江川
▲早朝から陣頭指揮をとる、事務長(右)と私・教頭の江川(左)です。

受験生の皆様
▲皆さま、体調はいかがでしょうか?準備は万全ですか?

会場に入る受験生
▲ひとりで会場に入る受験生もいらっしゃいました。

塾の先生方もつめかける
▲校門前には、最後の応援のために、有名塾の先生方も多くつめかけておられました。

受験生を応援
▲「がんばってね!」きっとその気持ちは受験生に伝わっていたと思います。

声援をかける塾の先生
▲「おはよう!調子はどう?がんばってね!」声援をかける塾の先生。塾の皆さん、寒い中ありがとうございました。

来校される受験生の皆さま
▲続々と来校される皆さま。きっと良い結果が出ることでしょう!

試験会場前廊下
▲ただいま国語を受験中の会場前廊下。とても静かで、まるで誰もいないかのようでした。

図書館で待機
▲図書館でお待ちいただいている保護者の皆さまには、私・教頭の江川より、受験中の様子をお伝えしました。「粛々と答案に取り組んでおられました。ご安心下さい!」

山本校長
▲山本校長からも、保護者の皆さまにご挨拶させていただきました。

「受験が終わったら、『ごくろうさん、よくがんばったね』伝えてあげてください。皆さまが大切に育ててこられた娘さんには、できるだけ合格をお出しし、私たちが責任を持って成長を見守ってゆきたいと思います。」

江川教頭
以上が初日の受験の様子です。

中学入試日程は2月7日(土)まで続きます。これから受験される方も、体調管理にお気をつけいただき、あきらめずに最後までがんばっていただければと思います。

教頭(英語科) 江川昭夫

それぞれの受験生の夢が叶えられますように!