新しい通用靴2009年3月7日(土)、本校の講堂におきまして、中学と高校の「新入生オリエンテーション」が、開催されました。
新しい学園生活を始めるための、準備や心がまえなどについて説明をしました。皆さん希望に胸をふくらませ、話に耳を傾けていました。
その模様を以下の通りご報告いたします。

(掲載写真は肖像権に配慮して、画像の一部を加工しております)



■新入生オリエンテーション(午前の部:新中学生対象)

井上教頭

▲新入生たちが別室で学力調査テストを行っている間、井上教頭から保護者の皆さまにご挨拶。
保護者の皆様

▲保護者の心がまえなどをお伝えしました。


自己紹介をして親しむ

▲保護者の皆さん同士で自己紹介をしていただき、親しんでいただきました。
注意事項の説明

▲その後、中学部や教務部、生徒指導部、後援会から、注意事項や挨拶をお伝えしました。そして教科書配布とともに、さっそく国語と算数などの「宿題」の指示をして、12時に解散。



■新入生オリエンテーション(午後の部:新高校生対象)
新入生には午前から来てもらい、学力調査テストと昼食。その後13時より保護者の皆さんと合流し、講堂でオリエンテーションを行いました。

山本校長先生

▲山本校長先生より挨拶
「この学校を選んでくれてありがとうございます。皆さんが卒業するときに、必ず『良かった』と思ってもらえるよう、教職員一同、一生懸命がんばります。」
松村先生

▲つづいて教務部・松村先生からは、授業や成績、出欠のことをご説明しました。
「寝る時間、起きる時間、勉強時間など、生活習慣を定めた高校生活を送って下さい。」



生徒指導部・片桐先生からは、生徒の安全と、安心できる生活についてご説明。特に、

  • 電車通学は、安全のため、余裕を持って「各駅停車」に乗って通学して下さい
  • 遅刻が月10回になると、保護者呼び出し
  • 携帯電話は、校門に入るときに電源を切ること。学校で使用したら没収、後日返却。(生徒が学校にいる間に緊急の連絡があれば、学校にお電話いただければ生徒に伝えます)

など、注意点は多岐に及びました。

進路指導部・田中先生からは、高校総合学習と進路指導体制についてご説明。
「“10年後の自分を考える”をテーマに、自らの生き方を選択する力を養ってもらいます。また本校は、本年度は早稲田慶応に7名、G-MARCH(学習院、明治、青山、立教、中央、法政)に53名、三大女子大に23名の合格者を出している通り、学習サポートに力を入れ、入学時の学力より、数段上の大学を目指します。」

その後、後援会のご挨拶、クラスごとの教科書販売・英語辞書配布、制服・制定品販売などを終えて解散となりました。

以上です。次回は、4月9日(木)の入学式でお会いしましょう!
(文責 佼成学園女子中学高等学校 広報室)