酒井理事長5月13日、まだ入学したての中学1年生を対象に、佼成学園本部の酒井理事長先生から講話がありました。勉強もさることながら、「あいさつができる」「他人を思いやる」といった佼成女子の校風についての講話に、生徒たちは熱心に耳を傾けていました。

■本校の創立者について

皆さんを教えてくれる先生方は、みんな素晴らしい先生です。今から50年以上も前に、本校を創った庭野日敬(にわのにっきょう)先生も素晴らしく立派な先生でした。
例えば、ニューヨークにある国連本部で、「早く戦争をやめてください、子どもたちがかわいそうです」と、世界の宗教指導者を代表して世界平和を訴えました。また、キリスト教の総本山バチカンの法王や、マザー・テレサさんとも非常に仲が良く、とても影響力のある先生でした。ノーベル平和賞の候補にもなりました。
そんな素晴らしい先生が創ってくださった学校に通っているということを、まず覚えていてください。

■勉強もできて、行いも良い生徒になってください

本校は今、とても人気が高まっています。それは皆さんの先輩たちが一生懸命勉強し、たくさんの生徒が有名大学に合格したからです。だから皆さんも、先生の言うことをよく聞いて、学問に励んでください。
しかし、勉強ができる学校は世の中にたくさんあります。本校では勉強に加え、みんなから「あの子は良い子だ」と言ってもらえるような、立派な行いができる生徒になってほしいのです。
これが本校の校訓「行学二道を励み候(ぎょうがくにどうをはげみそうろう)」です。

■5つの心がけ

そのためには、次の5つの心がけを実行してください。

1. あいさつをする

おはよう、いってきます、こんにちは、ただいま、こんばんは、おやすみなさい。名前を呼ばれたら「はい」と返事をしましょう。

2. 感謝をする

人に助けてもらったら「ありがとう」、人に迷惑をかけたら「ごめんなさい」。食事のときも、お野菜や家畜の命をいただいて生かされていることに感謝しましょう。

3. 校門を出入りする時に一礼を

学校は遊ぶ場所ではなく、勉強をしっかりやって、お友だちをたくさん作って、そしてクラブ活動に励む大事な場所。だから学校に出入りする時には「一礼」をしましょう。

4. 整理整頓

身だしなみや整理整頓を。きちんと清潔な中学生らしい服装をし、使ったものは元に戻す、自転車はきちんと並べる、教室の中のごみを拾うなどを心がけてください。

5. 思いやりと親切の心を

友だちをいじめるような子は、佼成女子をやめていただきたいです。この学校はどんな人にも親切にしてください。困った人がいたら助けてあげる、悲しんでいる人がいたらそっと励ましてあげる、こういう心の優しい、人に親切ができる生徒になってください。

(まとめ 佼成学園女子中学高等学校 広報室)