サンデー毎日先日、『サンデー毎日』に「英語教育に力を入れている」学校として紹介されました!とお知らせしたばかりですが、うれしいことにまたまたご紹介いただきました。今週発売の『サンデー毎日』(2009年10月18日号)の特集
「2010中学入試 最新偏差値 エキスパート10人が選ぶ 中高一貫校」
におきまして、本校が「学校改革、入試改革で人気アップの中学」のひとつにとりあげられています。
もうお読みになった方も多いと思いますが、ここであらためてお知らせいたします。

今週発売の『サンデー毎日』2009年10月18日号では、「2010中学入試 最新偏差値  エキスパート10人が選ぶ中高一貫校」という特集が組まれていました。

「首都圏・関西圏の主要私立中学235校の最新偏差値」という、受験生にとても有用なデータが掲載された本特集では、中学受験のエキスパートによる来春の注目校も紹介されています。

アンケートに答えておられたのは、
市進学院さん
岩佐教育研究所 代表・岩佐桂一さん
栄光ゼミナール 広報室課長・山中亨さん
エデュケーショナルネットワークさん
啓進塾 入試情報局主任・利根川清至さん
首都圏中学模試センター 社長・樋口義人さん
日能研 進学情報室長・井上修さん
日能研 関西進学情報課課長・小島一彦さん
希学園 取締役渉外部長・小畑啓一さん
安田教育研究所 代表・安田理さん ほか
(本文72ページ掲載順)の皆さんです。

サンデー毎日

▲「中学入試は年々人気がアップし、首都圏では5人に1人が受験するほどになった。私立中の新設も増えており、保護者を悩ませるのが学校選び。そこで、中学受験の専門家たちに来春の注目校を聞いた。すると、思わぬ中学に注目が集まっていた。」 (本文72ページより)
サンデー毎日

▲「大学合格実績が評価される学校として、(出版著作権に配慮して校名略)、佼成学園女子、(同、略)などが上がる。いずれも難関大の実績が伸びている学校なのだ。」(本文73ページより)
その中でうれしいことに本校が、「学校改革、入試改革で人気アップの中学」として、とりあげられました。
ご存じの通り本校は、入試の偏差値に比べ難関大学への合格実績が非常に高い学校、として塾や受験生の皆さまに知られています。言い方を変えれば、「安心・確実な入試ができる中学だが、卒業時には上位校に引けをとらない結果を出す」ということです。
これは本校が、英語を軸とした教育改革や、心の交流をうながす独自の学校行事などにより、大学受験を学校全体で乗り切る雰囲気を作り上げた結果です。「ふつうの子を卒業時には希望以上の力を発揮できる子に育てる」という本校独自の女子教育メソッドが、ここにきて大きく開花しはじめているのです。
先月の「英語教育に力をいれている」学校として、そして今回の「学校改革、入試改革で人気アップ」の学校として、立て続けに『サンデー毎日』に登場した佼成女子。中学受験の専門家の皆さんに広く認知されていたことを知り、教職員一同、気持ちを引き締めております。
佼成学園女子中学高等学校 広報室