image01712月15日(火)に中1校外体験学習ということで豊洲にあるキッザニア東京に行ってきました。ここは職業擬似体験ができる施設で、生徒たちは久々の校外学習を楽しみにしていました。

当日は快晴と天気に恵まれました。しかし、気温が低くみんな暖かい防寒着を身につけ集まってきました。豊洲に8時20分集合と、慣れない場所、そして早い時間帯だったため、遅刻者が多数出るのではと心配しましたが、ほとんどの生徒が時間どおりに集合できたことに感心しました。欠席者が4名出ましたが48名の生徒と引率3名の計51名でキッザニア東京に入場しました。

image023入口ではICブレスレットを腕に巻き、50キッゾのトラベラーズチェックとフードチケットを受け取り入りました。施設内は4分の3程度のミニチュア社会という雰囲気で、ちょっとうす暗い空間でした。

まずはキッザニアが本校のために企画してくれた英語プログラムにチャレンジしました。劇場に入り、事前に決めた3人グループに分かれました。スクリーンを見ながら、ネイティブの方がルールを説明してくれました。もちろんすべて英語です。みんな集中して説明に耳を傾け、騒ぐことなく理解している様子でした。さすが普段の英語学習の中でリスニング力が身についてきているなと感じました。

内容は英語を活用して施設内をオリエンテーリングするというものでした。グループに①携帯電話②英語の地図③質問シートを渡されました。壁に貼ってあるQRコードを携帯端末で読み取り、質問の答と次の目的地が携帯電話の画面に表示されるので、地図を確認して、その目的地へ移動するというものでした。
約一時間程度の企画でしたが、3人がうまく役割分担して協力できたグループは30項目の質問をすべてクリアできていました。

そのあとの5時間は、自由行動にして、やってみたい職業を数多く体験してもらいました。右の写真がその様子です。15分程度の短い職業体験でしたが、コスチュームに着替えて、笑顔で参加していました。人気があったのはピザやジュースやアイスクリームを作って食べることができるパビリオンでした。フライトアテンダントも人気が高かったようです。多い生徒は7~8のパビリオンをまわっていました。働いたその報酬としてキッゾという紙幣を受け取り、お金を稼ぐという体験に喜びを感じている生徒が多かったです。
体験終了時には家族へのお土産ということで、クッキーやキーホルダーなどの買い物をする生徒もいました。

期末テストの翌日ということで疲れ気味の生徒もいましたが、怪我や事故もなく、楽しい校外体験学習になったようでした。この思い出を冬休みにレポート新聞にまとめてみましょう!

image029image027
image025image031