100129_hinamatsuri_1あとひと月もすると桃の節句を迎えます。いわゆる女の子の幸せを願って、ひな人形を飾る年中行事の一つです。
本学園でも一月の下旬、高校1、2年生の宗教委員が先輩の残した記録写真と見比べながら、九段飾りを一時間半ほどかけ、ひな人形の飾り付けに奮闘しました。
一年ぶりに開かれたケースから、親王さま(お殿様・お姫様)を取り出すと、思わず「わぁ~」と歓声があがり、華やいだ雰囲気がひろがりました。それをひな壇の上段に置き、次いで三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣、仕手と並べ、さらにそれぞれのお雛さまに装身具(冠、勺、緋扇など)や家財道具、牛車などの道具を供えたときには、金屏風を背にしたお人形がぼんぼりの明かりに一層映える時刻となっていました。

100129_hinamatsuri_2

ご来校の折には、是非ご覧になって下さい。本校の管理棟1階・玄関ホールに飾られています。

(文責:宗教委員会顧問 金子芳夫)