江川教頭と田中先生佼成女子の「大学受験」についての取り組み「受験合宿」について、江川昭夫教頭と田中延佳(のぶよし)進路指導部長が話し合う機会がありました。本校の隠れた学校行事であり、難関大学進学率上昇の原動力ともいえる「受験合宿」はどんな内容なのでしょうか? そのお話の模様をお伝えします。

●江川 中学の入試も順調に進んでいますが、高校3年生の大学受験はどうですか?

●田中 今年もセンター試験の3日前(1月12日、13日)に、今年度最後の「受験合宿」を終えました。合宿の終盤には、恒例の「総括」というのがあります。生徒一人ひとりが感想を述べる場です。これが涙あふれる感動シーンなんです。この1年間、一緒に頑張ってきた友だちに対するお礼や、いろんな人へ感謝の言葉が聞けました。

●江川 山本校長もそのお話を、よく学校説明会で紹介しています(「第7回中学校説明会のご報告」など)。今年の受験合宿での発言で、印象的なものはありますか?

●田中 たくさんあります。「父親に志望校の相談をした。最初はいつものように冗談っぽくはぐらかされたけど、私が真剣に聞いていくと、父親も真剣に答えてくれた。大人であり社会人である『父親』が見えた」。「今まで私は夢や目標を持ちたくなかった。夢を持つと、それが叶わなかったときのつらさも経験して知っているから。でも今は、目標ができて、それに向けて毎日頑張れる自分がいて、とても幸せだ」などが印象的でしたね。

●田中 受験生は最後まで伸びます。中でも1月、2月の伸び、つまり「受験をしながら、まだ伸びる」というのが本校の特長です。他の高校や予備校では、1月のセンター試験前で受験講習などが終わるそうですが、本校はその後もずっとみんなで学校に集まって勉強を続けています。当然、まわりに合格が出始める中で、自分だけが上手くいかないとなると、学校でみんなの顔を見るのがイヤになることも考えられます。でも佼成女子は違うんです。「年に8回」の合宿で、生徒の間、生徒と教師の間で強い信頼関係が築かれているから、生徒たちは最後まで一緒に頑張れるんです。

●江川 「8回」というのはすごい数ですよね。私もかつては「合宿はどの学校でもやっているもんだ」と思ってました。でも「8回」もやる学校ってないんですよね。そういうことが、大学合格の実績を支えている大きな原動力だと思います。指導している田中先生は苦労が多いと思いますが・・・

●田中 いえ。むしろ子どもたちが受験という試練に立ち向かっていく姿、支え合っている姿を見ると、感動の連続です。今回の合宿でも、先に推薦入試で大学が決まった子が、お手伝いのために泊まってくれて、食事の用意や買い出しなどに協力してくれました。自分が合格したら終わりではないんです。

●江川 本当に素晴らしいですよね。やはり本校のような合宿のシステムと回数は聞いたことがない。最近は中学受験雑誌に、本校の「大学進学実績向上」がよく取り上げられますが、その裏にはこういう秘話があるんですね。来年度には、それらの合宿ごとに、ホームページでエピソードを紹介したいですね。

●田中 エピソードといえば、祈願供養の話があります。みんなの絵馬を本校の担当者が、大宮八幡宮に奉納に行った時の話です。一枚一枚つりさげていると、それを横で見ていたおばあちゃんが質問したそうです。「これは合格祈願の絵馬ですよね? どうしてどの絵馬も『みんなで合格』って書いてあるんですか?」って。確かに普通は「○○大学に合格」と書きますからね。そこで本校の担当者は、「うちは受験を団体戦でやるというのがモットーなんです」って答えました。するとおばあちゃんは「すごいですね。うちの孫も入れたいです」とおっしゃったそうですよ。

●江川 本校の受験は、良いエピソードの宝庫ですね。そう言えば私も、湯島天神に絵馬を奉納してきました。「高3生すべての夢が叶いますように」と書いて。それから担当しているクラスでは「合格祈願えんぴつ」も配ったんです。みんなの頑張る姿を見ると、我々は本当に、切実に、合格を祈る気持ちになりますよね。

合格祈願の絵馬

▲湯島天神に絵馬を奉納して来ました
合格祈願えんぴつ

▲湯島天神の「合格祈願えんぴつ」

●田中 受験勉強は、生徒の自己実現のための一つの手段。それは将来の進路のためだけではなくて、子どもたちが受験という試練を乗り越えて、成長するということが最も大切なことだと思います。本校はさらに、厚い人間関係の中で成長させる点が特長ですね。これから大学受験する皆さんが、全力を出し切れるように、そして本校を受験する皆さんも、全力を出してくれることを希望します。

●江川 今日、田中先生のお話を聞いていて、本校の大学合格実績はまだまだ伸びると確信しました。まだ本校への入学はそんなに難しくないけれど、3年ないし6年の後には、立派な大学生として羽ばたいてゆけますね。本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました!

●田中 こちらこそありがとうございました!

受験シーズン真っただ中。本校を受験される皆さんも、また、本校で大学受験を頑張っている生徒たちも、大変な時期だと思います。皆さんの夢が叶うようお祈りしています。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)