100327_TOEIC1月31日に行われたTOEIC®公開テストにおいて、KGGS(特進留学コース)5期生のChihoが830点という高いスコアを取得しました。これは、12月に帰国して以来日本でも英語の勉強を続けたからこそ、出せた成果であると言えます。

今回はChihoに、この結果を出せた秘訣を聞いてみました。

○NZ留学中の勉強について。
「日本から持っていった文法の問題集を、参考書を見ながらノートにまとめていました。」

○試験の前の勉強について。
「TOEIC®の直前に英検があったので、英検用の単語帳で単語を覚えました。過去問に挑戦しているときに、単語については共通しているところが多いと思っていたので、この方法で良いと考えていました。」

NZでの生活でリスニングの力は鍛えられますが、どうしても文法力は手薄になりがちです。それをカバーするような勉強を自分で行っていたということ。また、過去問を分析して単語の傾向に目をつけ、英検とともに効率よく勉強を進めたということ。こういった工夫が、830点取得という素晴らしい結果につながったのでしょう。

これで5期生の中でTOEIC®800点を越えた生徒は3人目となりました。
4月には最終学年に進級し、大学への進学を目指すことになります。希望する進路に進み、大きく羽ばたくことができるよう願っています。

(文責 担任 崎山 隆則)