DSC_16132010年4月21日(水)の6時間目。本校の体育館・メインホールにおきまして、佼成女子の体育祭である「スポーツフェスタ(SF)」の結団式が、全校生徒を集めておこなわれました。

春の恒例行事であるSFは、学校全体を紅白の2チームに分けて競い合います。団体競技が中心なので、その練習を通じた心のふれあいにより、新しい学年のクラスが一つにまとまるのです。

本校の情操教育の一環でもあるSF。本番は5月8日(土)午前9時からです。事前の申し込み等の必要はございませんので、保護者の皆さま、本校にご興味のある受験生の皆さま、ぜひご来校ください。

佼成女子では、毎年5月上旬に「スポーツフェスタ(SF)」という体育祭があり、生徒と教員全員が、紅白2チームに分かれて競い合います。もちろんこのスポーツフェスタは単なるお祭りではなく、年間を通じた情操教育プログラムの一環。新学期が始まったばかりで、まだお互いに遠慮しあっている都会のお嬢さんたちに、まずは「人と交わる力」を身につけてもらうための行事なのです。
昨年のスポーツフェスタの様子
DSC_1563

▲実行委員によるあいさつ「今年も力を合わせて盛り上がるように頑張ります!」。熱い拍手につつまれました
DSC_1573

▲SF実行委員会のメンバーが競技ルールの説明をしました
運営はすべて、スポーツフェスタ実行委員会と応援団の、生徒主導でおこなわれます。自分たちだけで運営することで、そこで生まれる様々な軋轢(あつれき)も、自分たちで解決してもらうためです。もちろんスムーズにはいきません。

進学校なので、準備期間も長くとれません。生徒間の温度差による小さな諍い(いさかい)や涙があるかも知れません。しかしそれを必死で乗り越えたときに、大きな感動と成長が待っているのです。

そしてこのSFを終えて一つにまとまったクラスは、次の学校行事「英検まつり」においても、みんなで一致団結することができます。佼成女子が「みんなで勉強を頑張る」という雰囲気に包まれているのは、このような学校行事を上手く活用しているからなのです。

■山内校長からのメッセージ
「熱気にあふれている生徒たちを見ていると、今回もすごく良いSFになると確信しました。5月8日が楽しみです。皆さんご来場ください!」

■井上教頭からのメッセージ
「生徒たちは練習を通じて、お互いの絆(きずな)を深めています。私たち教員も、それを精一杯サポートします。本番がとても楽しみです!」

■江川教頭からのメッセージ
「SFに向けて私たち教員は、生徒たちの心の動きを敏感にとらえながら、口を出しすぎず、見守り、指導しております。ご家庭でも是非、お嬢さんのお話を聞いていただき、優しく支えていただければと思います。」

DSC_1596

▲笑顔で様子を見守る山内校長
この後、SF実行委員は合宿をはさんで、さらなる準備を整えます。5月8日(土)のスポーツフェスタ本番を、お楽しみに。
(佼成学園女子中学高等学校 広報室)