柴田亜衣さんの水泳教室6月27日(日)、本校におきまして、「柴田亜衣の水泳教室」が開催されました。(主催:(株)リソー教育 スクールツアーシップ 協力:(株)デサント チームarena)
これは、アテネ金メダリストの柴田亜衣さんが、小学生のために直接指導するというイベント。このような素敵な教室に本校が協力させていただけたことをうれしく思います。
(掲載写真は肖像権に配慮して、画像の一部を加工しております)

今回は佼成女子のプールを使って開催されました。この教室の目的は、大きく分けて2つあるそうです。ひとつは、アテネ金メダリスト柴田亜衣さんによる直接指導を通じて、水に親しむこと、体を動かすことの楽しさを発見してもらうこと。そして2つ目は、柴田さんの経験談から、目標に向かって努力することの大切さを学んでもらうことです。
この日も40名の小学生が、本物の金メダリストと触れあいながら、机の上では得られない素晴らしい学び体験を楽しんでいました。
柴田亜衣さんの水泳教室
柴田亜衣さんの水泳教室

▲小学生からの質問に答える柴田亜衣さん。「水泳を通して学んだこと。それは、努力をすれば必ず成果をあげられる、ということです」
柴田亜衣さんの水泳教室

▲金メダルを触らせてもらう参加者たち。「うわー!重い!」との歓声があちこちから聞かれました。
柴田亜衣さんの水泳教室

▲水泳レッスンでは、初心者・中級者・上級者のコース別メニュー。
柴田亜衣さんの水泳教室

▲小学校時代は週に4回、水泳教室に通っていたという柴田さん。オリンピック前には、1日20キロ(!)も泳いでいたそうです。
柴田亜衣さんの水泳教室
柴田亜衣さんの水泳教室
柴田亜衣さんの水泳教室

▲最後にあいさつをする本校の江川教頭。「皆さんが金メダリストになっても、佼成女子のプールで泳いだことを忘れないでくださいね(笑)」
柴田さんの感動的なお話と、優しい水泳指導。そしてそれを心から楽しんでいた小学生の皆さんと、支えるスタッフの皆さん。とても素晴らしい学習プログラムでした。本校のプールをお使いいただき、ありがとうございました。
このように、夢・希望・感動を与えるイベントを佼成女子はバックアップしています。
(佼成学園女子中学高等学校 広報室)
■柴田亜衣(しばた あい)さんプロフィール
1982年5月14日生まれ。
3歳で水泳を始め、大学4年生の時にアテネオリンピック(2004年)の競泳女子800メートル自由形を、ラスト50メートルの猛スパートで制し、見事金メダルを獲得。日本中に感動を与えた。オリンピック女子自由形での金メダル獲得は日本人初。現在は株式会社デサント/チームアリーナで働きながら、水泳教室などを通じて水泳の楽しさをたくさんの人たちに伝える活動をしている。