東京・多摩鼓笛フェスティバル8月22日(日)、杉並区にある「吹奏楽の甲子園」こと普門館におきまして、「立正佼成会・東京多摩鼓笛フェスティバル」に賛助出演させていただきました。

残暑厳しい8月22日、立正佼成会の東京・多摩の各教会の鼓笛隊が集うフェスティバルが開かれました。華やかな鼓笛隊やカラーガードの演奏とパフォーマンスに混ざって、吹奏楽部も演奏とスタンドプレイで一緒に盛り上がってきました。

立正佼成会のフェスティバルに参加したのはこれが始めてです。8月14日に東京都高等学校吹奏楽コンクールを終え、わずかの休暇をはさんで迎えた本番でした。演奏曲は「宝島」と「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」の2曲。コンクールの演奏曲と併せて練習してきました。


吹奏楽部は座奏が基本なので、マーチングドリルのような華やかさは演出しにくいのですが、その分精度の高い音楽をつくることが出来ます。スタンド・パフォーマンスも入れて、フェスティバルに参加させてもらえる喜びを表現しました。


ここからまた気持ちを新たに、12月の定期演奏会に向けて「聴く人に感動を与える音楽」づくりを目指していきます!
12 月22日(水)府中の森芸術劇場ウィーンホールにて、第2回定期演奏会を催します。18:30開演予定です。ぜひご来場ください。