第二回 留学事前合宿先月に引き続き、8月19日(木)~21日(土)の日程でKGGS(留学コース)7期生の留学事前合宿を行いました。

19日(木)は本校のネイティブ教員であるNathan先生が、英語のアクティビティを行いました。途中では鯨と人間の交流を描いた映画を見るなどして、ニュージーランドの文化を勉強しました。また、グループ毎に分かれてプレゼンテーションも行いました。
夜には、映像資料も使いながら、今後の英語学習への意欲を高める時間をとりました。

20日(金)は、乙女祭の準備を中心に行いました。執行委員をリーダーに、舞台発表の準備や練習を行いました。また、LHRでは今後の進路を考える時間として、担任からTOEICや社会科選択の話をし、夜は「内観」を行いました。「内観」とは、自分のこれまでの人生を振り返ることで、お世話になった人への感謝の気持ちに気づくという活動です。一番身近で、これまでの成長を見守ってくれた保護者の方からの激励の手紙を渡すと、生徒たちは一目散に離れて行き、独りでしっかりといただいた言葉をかみしめていたようです。
第二回 留学事前合宿
第二回 留学事前合宿
21日(土)の午前中は、自分たちには何が足りないのかという話し合いに始まり、先生に質問をするなど、非常に積極的に自分たちの考えを自分たちの口で語ることができていました。


7月からの2回の合宿を通して、生徒たちは自分の考えていることや気持ちを他の人に伝えることができるようになってきたと感じています。ニュージーランドという国は、日本のように無言でも察してくれるということは一切ありません。だからこそ、何よりもまず言葉を発して自分のことを相手に伝えることが大切になってきます。2学期もこの調子で、様々な出来事を自分の成長につなげられるように頑張って欲しいと思います。

(文責 担任 崎山隆則)