ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征2010年12月24日~30日

韓国で高校女子ハンドボールでは、最も伝統のある徽慶(フィギョン)女子高等学校に1年ぶりに訪問しました。
この遠征には、先日行われた全日本総合選手権で優勝し、MVPに輝いたソニーの張素姫さんも通訳として参加してくれました。(張素姫さんは、徽慶の卒業生です。)張素姫さんは、昨年まで4年間東京女子体育大学に通う傍ら、本校のハンドボール部のコーチをしていただきました。2年生は、1年ぶりに張素姫さんと徽慶で再会し、通訳をしていただきながら、プレーもたくさん教わりました。

徽慶チームは2年生が一人、あとは全て1年生でした。実力は、昨年の韓国の全国大会で、決勝戦で第二延長後に7MTコンテストで負けて準優勝という強豪です。昨年夏、ソニーが遠征した際にも、「なかなか勝てなかった。」ということを聞き、私たちは、不安と緊張で初日を迎えました。

練習では、やはり瞬発力や動きの強さ、プレーの正確さでは、圧倒されるくらいのものがありました。走るスピードなどは、佼成も遜色なかったことが自信となりました。

ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征ハンドボール部 韓国遠征

ハンドボール部 韓国遠征練習試合以外は、全て一緒に練習し、監督・コーチ・選手の皆さんに丁寧に教えていただきました。また、徽慶の選手は、練習とそうではないときの「切り替え」がとてもはっきりしていて、私たちは驚きました。
選手同士、とても仲良く、親切にしていただき、佼成の選手たちは、色々な面で感謝の気持ちを強くして帰国しました。