NZ地震へ

(写真右から)宍戸崇哲国際交流部長、青山由里杏さん、岡本藍さん、山内日出夫校長、イアン・ケネディ駐日大使、壬生綾乃さん、中西里奈さん
既報の義援金プロジェクトの一環として、全校生徒と教職員によるお見舞いメッセージの色紙を作成しました。

「こういうときこそ本当の『まごころ』を伝えよう」という生徒会の呼びかけで、試験前にもかかわらず、「人ごとではありません。一日も早い復興を祈ります」「あなたの家族や友達が無事でありますように」といった内容の真摯な英語や日本語のメッセージ色紙が、全クラスからすぐに集まり、ニュージーランド大使館にお届けしました。
本校設立母体の立正佼成会は義援金100万円と本校で集められた募金などの義援金36万5,055円をニュージーランド赤十字社に寄付しました。ケネディ大使はとても感激し、涙ながらに喜んでくださいました。


奇しくも、その翌日3月11日午後2時46分、東日本大震災が起こりました。今度は即座にニュージーランド政府が被災地に救援支援隊を送ってくださいました。苦しんでいるときに他の国の人が心配して助けてくれ、どんなに嬉しいか、まさに逆さの立場を実感しました。心より感謝申し上げます。


ケネディ大使からのお礼状(PDF)


(佼成学園女子中学高等学校 広報室)