スポーツフェスタ5月14日(土)、抜けるような青空の下、スポーツフェスタ(SF)が行われました。佼成女子の中学生、高校生が一体となり、赤組白組に分かれて勝敗を競うこの体育祭は、佼成女子の“心を鍛える三大行事”の一つであり、学年を超えた人間関係、協力関係を作る大切な場です。

SFは今年で6年目。ということは、現在の高校3年生が中学1年生のときにスタートしました。新しい行事がひとつの節目を迎えて伝統となっていく、最後にはそんな感慨も感じられた今年のSFでした。

今年は震災の影響もあり、運営や練習の日程に支障をきたす場面もありましたが、それでも生徒たちは朝、昼、放課後を使って懸命に練習してきました。いよいよ今日はその成果を出す場面。保護者席もすぐに満席となり、ベンチにも人があふれました。
スポーツフェスタ
生徒会長による開会宣言では、「3月11日のSF合宿の日に東日本大震災が起こり、合宿も急遽中止、本校も様々な被害を被りました。あれから2ヶ月、まだ被災地では多くの人たちが避難生活を強いられ、たくさんの尊い命も失われました。今日、私たちは無事SFをむかえることができますが、その感謝の思いと共に、亡くなられた方たちのご冥福をお祈りします」との言葉で、全員で黙祷をささげました。
スポーツフェスタ

▲いよいよ第6回SFのスタートです。SF実行委員長、赤組白組の応援団長が「私たちはスポーツマン精神にのっとり、一つ一つの競技に魂こめて戦うことを誓います!」と力強く選手宣誓!今年のテーマは「一闘入魂」です。
スポーツフェスタ

▲ご来賓として、学園本部から増田常務、山本前校長にもお越しいただきました。山内校長からは、「震災後の日本にみんなの元気が伝わるように、心をときめかせ、たくさんの感動を作り上げていただきたい」との言葉がありました。
スポーツフェスタ

▲応援団によるエール交換も終わり、中学生、高校生の「選抜リレー」からスタート。精鋭の登場に応援にも力が入ります。
スポーツフェスタ

▲中学生による「台風の目」。身軽でないとできない競技は中学生ならでは。
スポーツフェスタ

▲中学高校によるおなじみの「綱引き」ですが、これは応援パワーも注入されたかも。
スポーツフェスタ

▲高1の「いかだリレー」は、すごい迫力で、あっという間に終わってしまいます。
スポーツフェスタ

▲得点に関係ない「クラブパフォーマンスリレー」。
スポーツフェスタ

▲華麗なバトン捌きで走るバトン部、顧問の先生のお面をつけた吹奏楽部、個性的なコスプレのバスケ部など、見どころいっぱい!
スポーツフェスタ

▲毎年好評のTシャツですが、今年のロゴも書道部によるもの。
スポーツフェスタ

▲今年も麦茶の差し入れをしてくださった保護者会の方々です。ありがとうございます。暑さで麦茶も大人気!
スポーツフェスタ

▲中学生高校生の、ゴールポストも走って逃げる「追っかけ玉入れ」。
スポーツフェスタ

▲先生と生徒の「TSR障害物リレー」。障害物がパワーアップし、教職員は必死、生徒たちは大喜び!
スポーツフェスタ

▲見えないところでも働いています。体育館2階にて得点パネル出し。
スポーツフェスタ

▲そして午前の部が終了するとすぐに、午後の段取り確認のミーティングに入るSF実行委員会。
スポーツフェスタ

▲カフェテリアの出店では、パインとアイスが大人気。
スポーツフェスタ

▲ランチタイムは思い思いの場所で。暑かったので教室組が多かったようですが、こちらの中学生組は日陰でいただきます!
スポーツフェスタ

▲卒業生たちも、誘い合わせて遊びに来てくれましたよ。
スポーツフェスタ

▲先生方も嬉しそうでした。何年たっても気軽に母校に来てくださいね。
スポーツフェスタ

▲午後の部はみんな大好き、応援合戦からスタート!赤組は先輩手作りのスカートを身に着けてかわいくセクシーに。
スポーツフェスタ

▲白組は制服と学ランでバンカラに!
スポーツフェスタ

▲全校生徒の大玉送り。遠目にも大きなボールはコントロールが大変なんです。
スポーツフェスタ

▲そして来賓の方々のご参加による玉入れ。最初はおとなしめでしたが最後は? 参加賞はお茶でした。
スポーツフェスタ

▲中学高校による借り物競争。「えっと、25センチの靴をはいた人を探せ?」
スポーツフェスタ

▲山内校長も教職員も容赦なく借り出されて、ゴール目指して走りました!
スポーツフェスタ
スポーツフェスタ
▲高2の「大縄跳び」。高3のムカデ競争。どちらも全員で懸命に心とからだを合わせなければうまくいかない競技。「あわてるな! がんばれ!」と担任から声援がとぶ!特にSF最後となる高3の闘志、負けた組の涙は心に響きました。
スポーツフェスタ
スポーツフェスタ
▲そしてSFの華「騎馬戦」。最初はそろそろと、最終的には激しく。乙女のファイトに保護者の方々も教職員もヒートアップ!
スポーツフェスタ
スポーツフェスタ
▲競技も終了し、閉会式です。今年は最初から得点差がついていたため、祈るように得点を待つシチュエーションとはならず、赤組474点、白組356点で赤組の優勝! しかし応援合戦は白組の勝ちで、競技の赤組、応援の白組という結果に。クラス総合優勝は、中学の部3年2組 高校の部3年D組でした。みんながんばりました!
スポーツフェスタ
山内校長の講評は、「勝っても負けても、力いっぱい相手をたたえながら力を尽くした姿勢に、胸が熱くなりました。」

SF実行委員長の後藤さんは少し感極まりつつも、晴れ晴れとした表情でスピーチ。「このSFは、私たちが中1のときに始まりました。高校1年生になって、新しい仲間が増えて、学校生活がさらに楽しくなりました。こうやってみんなでひとつになってSFが終わることができて、本当に良かったです。ありがとうございました!」

最後に中学生徒会副会長の閉会宣言で終了、と思いきや、「ちょっとすいません!」と生徒から声がかかって、サプライズ演出。
スポーツフェスタ
「このすばらしいSFを影で支えてくださったのは誰かな?」ということで、SF実行委員会と生徒会と教職員に、生徒全員で「ありがとうございました!」。そしてSF実行委員からも教職員に「ありがとうございました!」

保護者の方々も「SFは生徒みんなで作りあげている」と感想をおっしゃっていましたが、まさしくその印象通りの、たくさんの「ありがとう」が聞かれた、じんとくる幕引きとなりました。

こうして第6回SFは無事終了しました。ご理解、ご協力くださいました保護者の皆さま、さらにお騒がせいたしました近隣の皆さま、本当にありがとうございました。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)