週刊ダイヤモンド先日発売された『週刊ダイヤモンド』(2011年6月25日号)の特集
「激変!中高一貫校・高校ランキング」
におきまして、佼成女子が掲載されています。もうお読みになった方も多いと思いますが、どんなことが書かれていたのか、お知らせいたします。

左の写真は『週刊ダイヤモンド』6/25号(特別定価740円・税込)。ご興味のある方は、書店、コンビニ、駅売店等でお求めください。

ビジネス誌『週刊ダイヤモンド』2011年6月25日号では、「激変!中高一貫校・高校ランキング」という特集が組まれていました。
その中の「学力が伸びる! 中高一貫校」の「ランキング表に、「GMARCHを狙える『お得な学校』」の全国第2位として掲載されていました。しかも、女子校だけで見た場合「全国第1位」です。

本文に書かれているように、「お得な学校」とは、「入学は比較的簡単で、6年後の大学の合格実績は高い」(本誌p.36)という学校のことです。さらに、「各校ともさまざまな工夫と努力をしているが、基本的には『生徒の学力が伸びている学校は、優秀な教員が揃っている』(上嶋浩・河合塾近畿本部近畿営業部統括チーフ)」(同p.36)と書かれています。

確かに近年の佼成女子では、入学の難易度に比べて、難関大学の合格実績が非常に高いと言われてきました。ここに至るまでの生徒の努力はもちろん、私たち教職員の努力に対して、このように評価していただき、大変嬉しく思います。

GMARCHを狙える「お得な学校」

▲GMARCHを狙える「お得な学校」として、全国第2位。女子校だけで見ると「第1位」でした

これらの合格実績は、決して「詰め込み教育」によるものではなく、ここ数年にわたり「みんなで勉強をする雰囲気」を作り上げた結果です。そのため本校の生徒たちは、孤独な受験勉強にもくじけず、お互いを支え合いながら、一緒にゴールを目指せるのです。
現在は「GMARCHを狙える『お得な学校』」から、「早慶上理」「国公立」を狙える学校へとシフトしている佼成女子。今後の動きにもご注目下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)