English Summer Camp7月12日(火)、13日(水)の1泊2日で、中学生対象のEnglish Summer Campが行われました。場所は、代々木にある「国立オリンピック記念青少年総合センター」です。
中学生42名、ネイティブ英語教員6名、留学生ボランティア3名、日本人教員3名が参加いたしました。

(1) Orientation & Games
ネイティブ教員1名、生徒7名 + (留学生ボランティア1名) のグループに分かれ、ゲームや様々なアクティビティを通して英語を学びました。活動中の言葉は英語のみです。
Orientation & Games
Orientation & Games
Orientation & Games
(2) どんな時も英語で
この2日間は全て英語で過ごします。生徒達はネイティブ英語教員、留学生ボランティア、日本人の先生達と話をする時は常に英語で話します。生徒達は英語にどっぷり浸かり、普段の生活では味わえない体験をします。
どんな時も英語で
(3)skit (寸劇)の練習
1日目の夜は、2日目に発表するskit(寸劇) “The Sidewalks of New York”の練習を行いました。
生徒達は台詞を暗記し、ネイティブ教員から発音や表現の仕方を学び、発表のために一生懸命練習していました。
skit (寸劇)の練習
(4) skitの発表会
2日目は全員の前で一生懸命練習してきたskitの発表です。どのグループも素晴らしい劇を披露してくれました。
そして、ベストグループ、ベストリーダー、うまく演技できた人の表彰です。
skitの発表会
1泊2日という短い期間でしたが、生徒達はたくさんの英語を聞き、話す機会があったと思います。
生徒達はさらに英語に興味を持ついい体験ができたと思います。