女子ユースアジア選手権9月23日(金)~28日(水)まで、熊本県山鹿市で第4回女子ユースアジア選手権(第4回女子ユース世界選手権予選)が行われました。
日本代表(U-18)選手としてハンドボール部3年今枝 真子、2年三田 未稀が、コーチと同部顧問の石川浩和が出場しました。


【試合結果】
◆9/23(金) 日 本   41 (21-2, 20- 8) 10   カタール
三田:6点 今枝:2点
◆9/24(土) 日 本   40 (19-18, 21-10) 28   カザフスタン
三田:8点
◆9/26(月) 日 本   36 (22- 9, 14- 7) 16   イラン
三田:7点 今枝:3点
◆9/28(火) 日 本   20( 12-9, 8- 18) 27   韓 国 
三田:3点

結果、第2位となり、来年モンテネグロで行われます、第4回女子ユース世界選手権の出場権を獲得しました!!今枝、三田の両選手とも、全試合に出場し、多くの経験を積むことができました。
皆様応援ありがとうございました。

※詳細は日本ハンドボール協会HPをご覧下さい。
http://www.handball.jp/games/2011/4_asia_youth_w/4_asia_youth_w.html

女子ユースアジア選手権
銀メダル及び今枝・三田両選手

銀メダル及び今枝・三田両選手
対カザフスタン戦

対カザフスタン戦
対イラン戦

対イラン戦
対カタール戦

対カタール戦
対韓国戦

対韓国戦