高校説明会そろそろ本格的に、進学先の高校を決める段階です。本校でもすでに高校説明会を2回行い、残すところ第3回目11月27日(日)と、第4回目12月3日(土)の2回となりました。
説明会でしか聞けない入試の優遇制度など、今なら間に合う進路決定の情報が盛りだくさん。皆さんぜひお越しください!

その前に第1回、第2回の内容をおさらいがてらご報告し、皆さんの進路決定のご参考にしていただければと思います。

高校説明会
本校の高校説明会は通常、「開会前の生徒によるパフォーマンス」「学校長の挨拶」、そして「教頭をはじめ各教員や生徒による特色のご説明」、最後に「キャンパスツアー」と「個別相談」という流れになっています。
毎回多くの受験生や保護者の皆さまにお越しいただき、本校の良さをご理解いただきました。
バトン部バトン部


▲第1回高校説明会では、バトン部によるパフォーマンスが行われました。
書道部書道部


▲第2回高校説明会では、数々の賞に輝く書道部によるパフォーマンスが行われました。
山内日出夫校長

▲市長や会津大学開校などの経歴を持つ山内校長。「あの時に入学させてよかったと、6年後に必ず思っていただけます」と、熱く語りました。
まずは校長の山内より、「建学の精神」「生徒育成象プログラム」についてご説明します。
特に本校の3つの特長、すなわち

  1. 英語の佼成
  2. 「英検まつり」や「スポーツフェスタ(体育祭)」、「あいさつ100%運動」や「朝読書」など、行事で心を鍛える
  3. 難関大学進学実績

を解説し、多種多彩なプログラムを提供している点を強調しました。
さらに、勉強はもとより、「人間教育」への取り組みやその成果をご説明します。
なお最新の話題を、「和顔愛語(わげんあいご)」としてホームページで発信しています。よろしければこちらもご覧ください。

井上教頭

▲教頭の井上より、本校の3つのコース「特進文理コース」「特進留学コース」「進学コース」を、担任の教員や生徒に登場していただきつつご説明しました。
各コースの担任教員

▲各コースの担任教員。「入学時には考えられなかった進路を、みんなでめざします!
各コースの生徒

各コースの生徒からは「どうして佼成女子を選んだのか」について発言してもらいました。
「英語に強い学校だから」
「1クラスまるごと留学できるから」と、
やはり英語に魅力を感じて入学した生徒が多いようです。

年2回、英検前の2週間に学校全体をあげて行うイベント「英検まつり」は、生徒の競争心と頑張りを引き出すもの。特に、明確な目標設定と時間を区切る効率的な取り組みが、学年を追うごとにめざましい効果を挙げている点について解説しました。

最後に、広報室長を兼務している教頭の江川からは、「どうすれば佼成女子に入れるか」という点について、本校との併願校の例や、入試概要、合格基準などについて、他校よりも受験しやすい点をご説明します。

  • 一般入試日は2日あり、多くの私立校入試日とずらしているので、併願しやすい。
  • 都立高の合格発表の翌日まで入学手続きを保留できる。
  • 一般入試は他の公立・私立すべて併願可能。
  • 併願優遇制度(12月中旬に、母校中学校の先生と入試相談をして決定を出す制度)がある。

特に、「内申対応」と「偏差値対応」、また「併願優遇」への加点など、説明会ならではの情報は必聴です。

江川教頭

▲また、江川教頭からは「英検1級合格者輩出」や「女子に特化した教育手法」などについてもご説明しました。
個別相談

▲説明会の後の個別相談でも、熱心な保護者の皆さまが多数いらっしゃいました。
キャンパスツアー

▲「キャンパスツアー」では、英語の教員によるご説明もあります。

引き続き多くの皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
そしてぜひとも、佼成女子を選んでいただきたく思います。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)