大学進学夢成就祈願供養1月11日(水)、大学進学夢成就祈願供養が行われました。祈願供養とは、ある目的が達成されるように仏様に祈り、願うことです。週末にセンター試験をひかえた高3たちには、まさに大学合格が今いちばんの願い事です。


大学進学夢成就祈願供養佼成女子では、受験生の夢の実現、大願成就に向けて、大学センター試験の最終説明会終了後、講堂にて「大学進学夢成就祈願供養」を行いました。

当日は、ご供養の儀式のあと、参加した生徒の一人一人が絵馬に願い事を書き、奉納しました。この絵馬は後援会から寄贈していただいたもので、後日、改めて大宮八幡に奉納されます。
最後は神頼みなどと言われますが、こうして自分自身が絵馬に心を込めて願いを書くことで、目標が心の中でよりクリアになる効果があります。一人一人の真剣な気持ちが全員に伝染し、当日は一緒にがんばろう!という空気が生まれていました。

校長先生からは、ラストスパートに向けて激励の言葉もいただきました。
センター試験は1月14、15日。いよいよこの週末です。
体調を整えて実力を発揮してもらいたいと、心から願っています。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)