定期演奏会の興奮も醒めぬ12月28日から1月6日まで、吹奏楽部は3チームがアンサンブルの大会に出場しました。その結果、全チームが金賞を受賞しましたので報告いたします!

夏の吹奏楽コンクールと冬のアンサンブルコンテスト、吹奏楽にとっては2大大会でもあります。アンサンブルフェスタも加え、この年末年始は中高生合わせて25名がアンサンブルに取り組み、続々と成果を出してきました。

トップバッターはパーカッションパートの打楽器三重奏。12月28日開催の「2011TAMAアンサンブルフェスタ」に出場して、見事金賞を受賞しました。
定期演奏会から日がなかったため、毎朝早くに集まって練習を重ねてきました。前日にボンゴの皮が破れるというハプニングに見舞われましたが、それすら吉に変えた奮闘でした!

打楽器3重奏打楽器三重奏「トリオ・パー・ウノ」
(ジヴコヴィッチ作曲):金賞受賞
壬生綾乃(中3)
木下美沙希(高1)
久家由佳梨(高2)


それに続いたのが、高校生の木管楽器を中心とした管楽八重奏チームです。1月5日・6日に開催された東京都高等学校アンサンブルコンテストで、5日に出場しました。
演奏曲は「潮風の盆唄」。南相馬の盆唄を題材にした、大震災の鎮魂歌として作曲された作品です。「今年演奏するなら、これしかない!」と顧問の松本先生とミュージック・アドバイザーの林先生のイチオシで編曲を依頼し、演奏することになりました。

管楽8重奏管楽八重奏「潮風の盆唄 ―南相馬の盆唄による」
(福田洋介 作曲):金賞受賞
片栁仁美(Fl 高2)
那須郁弥(Ob 高1)
篠田侑希(Cl 高1)
鈴木沙有理(Cl 高2)
松下愛(Cl 高2)
中村江里(A.Sax/B.Sax 高1)
鷹野圭(A.Sax 高2)
家入千栄(St.Bass 高2)


1月6日の東京都高等学校アンサンブルコンテストに出場してきたのは、金管八重奏チームでした。金賞続きでプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、自分たちで選んだ曲と一生懸命向き合った結果の金賞受賞となりました。

金管8重奏金管八重奏「テルプシコーレⅠ」
(森田浩一 作曲):金賞受賞
間通衣(Tp 高1)
黒川紗緒里(Tp 高1)
鍵野あすみ(Tp 高2)
阿部萌樹(Hr 高2)
佐々木毬衣(Hr 高2)
林沙季(Tb 高2)
中田浩世(Euph 高2)
日吉望美(Tb 高2)


そして、今月15日(日)には、中学生が東京都中学校アンサンブルコンテストに出場してきます。中学2年生による管楽六重奏「ルネサンス・ダンス」(福田洋介 作曲)も、先輩たちに続けるように、鋭意練習中です。

(文責:顧問 渡邉)