中1オリエンテーション合宿4月12日(木)~13日(金)の一泊二日で、中学1年48名が青梅オリエンテーション合宿に参加しました。出発当日は前日の雨もすっかり上がり、きらきらとまぶしい日差しの中、学校を出発しました。


広大な青梅練成道場の敷地にみんなびっくり。学校のある世田谷区よりも少し遅い七分咲きの桜の木の下で、お弁当を食べ、さっそく芝生の広場で走りまわったり、アスレチックをやったり、のんびりと過ごしました。

練成道場の周辺を散策した後、グラウンドでドッジボール大会。歓声をあげながらみんなで汗を流しました。

中1オリエンテーション合宿この合宿では、48人の中学1年生が、1組・2組のクラスを越えて、一人でも多くの仲間と話そう、知り合おう、というテーマで、さまざまな人間関係づくりが行われました。初めは遠慮がちにしていた子もいつの間にかみんなの輪の中に入って、相手の気持ちや思いをくみ取り、自分の感じたこと・気づいたことを発表し合いました。

宿泊施設といっても、すべて自分たちで行うセルフサービス。班ごとに食事当番が配膳の支度をしたり、後片付けしたり、みんな与えられた責任をしっかり果たしました。48人がいっぺんに入ることができるほど広い豪華な大理石のお風呂。また、全員が一緒に寝ることができる大広間。みんなで協力しながら全員の布団を敷きましたが、初めて仲間と泊まる夜は、興奮してなかなか寝付かれなかった様子…。

あっという間の一泊二日。でも、行く前と帰ってきた後では、すっかり顔つきも変わり、全員が佼成学園女子中学生の生徒としての第一歩を踏み出した、実りある合宿となりました。

(文責 1年担任 片桐正雄)