SF合宿4月25日の結団式に引き続き、27日(金)から28日(土)の朝まで、SF(スポーツフェスタ)合宿が行われました。
合宿メンバーは、SF実行委員、紅白応援団員、生徒会役員。中2から高3までの77名です。高3がリーダーとなって生徒主体で行われるこの合宿は、SFを盛り上げて成功させようという全員の共通意識をさらに強化するだけでなく、学年や中学高校というラインを超えた、縦の人間関係が生まれる場でもあります。

合宿当日、生徒たちはまずは宿泊の用意をしてから、それぞれの打ち合わせをし、順番で入浴をすませ、夕食タイムです。
カフェテリアでの夕食の配膳担当は中2と中3。食器や箸の位置などに気を配りつつ、セッティングを。集団の場では、家庭でのお手伝いでは意識しないところが気になるなど、普段の生活を見直すきっかけにもなります。上手に盛り付けできました。おいしそうですね。
SF合宿 配膳
SF合宿 夕食
そして、学年ごとに分かれて夕食。合宿は初めてという生徒が多く、毎日通っている学校に泊まるという非日常体験にみんなワクワクです。
SF合宿 片付け
後片付けは高1の担当です。カフェテリアの店長さんにやり方を聞いて、みんなで食器を洗います。
今年のSF実行委員長、紅組、白組応援団長にお話を伺いました。
■SF実行委員長 外崎さん
「今年のSFは今までと違ったものを作り上げたくて、実行委員みんなで新しい競技やルールを考えました。ここまで来るのに時間もかかりましたが、この築きあげたものを大事に、みんなで本番に向けて頑張っていきたいと思います」

■紅組応援団長 高島さん
「私は中1から6年間応援団をやってきました。高校生活の最後に応援団長になったので、最後のSFをみんなと一緒に楽しんで、1つになって盛り上げていきたい」

■白組応援団長 大矢さん
「応援団が決まった翌日から、朝練を1週間がんばってきました。本番の応援のダンスのときは、みんなの気持ちが一つになりたい。私は頼りないけど、ダンス部の人や副団長やみんなにフォローされてやっていけるという感謝の気持ちを学びました」

SF実行委員長 応援団長
左から大矢さん、高島さん、外崎さん。気合の入ったいい笑顔!
その後、実行委員は係の仕事、応援団は赤組、白組に分かれて、1時間半にわたるダンスの練習。この応援団、毎年立候補者が定員を上回る人気なのです。

ダンスの練習
ダンスの練習
講評
最後に全員集合して、紅白の発表会。ダンスの先生でもあった井上教頭に講評をいただきました。この時点での仕上がりにはどうやら赤白で差がありましたが、まだ練習の時間はあります。勝敗はまだまだわかりません。
このメンバーに中1が加わり、さらに早朝と昼休み練習を重ねて本番を迎えます。最期に反省会をして、この日の合宿は終了となりましたが、生徒たちはまだまだ元気で、振付の再確認などしていました。
翌日は6時に起床して、8時に解散。中学生はいつも通りの授業、そして高校生は授業参観日でした。

スポーツフェスタは5月12日(土)午前9時開始です。事前申し込みは不要ですので、ぜひ全校生徒のがんばりと合宿の成果を見にいらしてください。
本校にご興味のある受験生及び保護者の皆様も事前申し込みは不要ですので、ぜひお気軽にご来校下さい。入学相談コーナーもございます。

日時 5月12日(土) 開会式 午前9:00より
場所 佼成学園女子中学高等学校グラウンド

  • 受付にてご案内いたします。
  • 当日、入試相談コーナー(10:00~13:00)を設けております。ぜひお立ち寄りください。
  • 雨天の場合は5月14日(月)に順延となります。当ホームページでご確認の上ご来場ください。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)