6月9日(土)13時から二階堂高等学校にて私学父母の会第8支部平成23年度最終理事評議員会が行われ活動・会計報告がありました。

引き続き14時30分から私学父母の会第8支部平成24年度定時総会が行われました。
第8支部の各学校の先生方、新年度各学校の理事評議員の方が参加しました。
本校からは平成24年度理事評議員の3名が参加しました。

平成23年度活動報告、決算報告
平成24年度活動案、予算案承認、新役員も承認されました。

本校より、3-D中村真佐子が役員(婦人局会計次長)として今年度の私学の活動に携わって参ります。

私学父母の会 豆知識1

6月初旬に学校から配布されました「全私学新聞」をお読みいただけましたでしょうか。
私立学校の「今」が掲載されています。
今回配布された新聞には、私学父母の会の中心活動である私学助成金の平成24年度の政府予算が確定したという記事がありました。
生徒一人当たり補助単価0.5%増額
金額に換算すると一人当たり、高等学校 310,258円  中学校 302,933円
実際は、生徒数や教員数、学級数等を基礎に計算された金額が教育条件等に応じて増減された上で各学校に配分されているそうです。

「私学父母の会」って何のために活動しているの?と疑問に思っている方もいるでしょう。
今後も豆知識として情報発信していきます。