英検まつり先日お伝えした恒例行事「英検まつり」。その1次試験の結果が発表されたのでご報告いたします。
今回は「2級(高校卒業程度)」と「準2級(高校中級程度)」が大幅な伸びを記録!さらに「大学中級程度」といわれる「準1級」に、中学1年生のTさんが合格しました!



受験界からは「英語の佼成」と呼ばれ、英語を軸とした教育により難関大学合格実績も達成している本校。その英語教育の一環として、毎年「英検」にチャレンジする「英検まつり」が開催されています。
そんな取り組みの成果として、先日行われた第1回英検(実用英語技能検定)1次試験では、各級とも非常に優秀な結果を出しました。

英検1次試験合格者数

まずは「2級」と「準2級」。「日本英語検定協会」公式サイトによりますと、それぞれ「2級=高校卒業レベル」「準2級=高校中級レベル」といわれています。
この2つの級で、昨年度から大幅な伸びを達成したのです(上記の表を参照)。今後の上位級合格に、大きな弾みがつきました。

さらに今回は、中学1年生のTさんが「準1級」に合格しました。これは「大学中級程度」といわれる非常に難しいレベル。中1で準1級は、本校初の快挙です。
実はTさんは、3~6才まで海外生活をしていました。海外での経験も活かしつつ、今回の合格につながりました。本校でも「習熟度別授業」や、ネイティブによる「イマージョン教育」などにより、彼女の能力をさらに伸ばすべくサポートしています。
このように、「海外在住経験者にも選ばれる」学校が佼成女子なのです。英検二次試験は7月8日(日)に実施されます。ますます伸びる英検合格実績とあわせ、今年度の生徒たちの活躍にご期待ください!

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)

※本校の英語教育や難関大学合格実績、海外在住経験者への対応など、詳しくはお電話でお気軽にご相談ください。
電話03-3300-2351(担当:広報室)