書道部猛暑の夏休み。佼成女子の生徒たちはクラブや勉強に熱く燃えていました。
そんな中、本校の文化部を代表する書道部も、崎山・櫻井両先生の指導のもと、夏休み中の日々の活動や合宿、そして数々のコンクール受賞や「書道パフォーマンス甲子園」出場など、大きな成果を残しました。
そんな「書道ガールズ」の活躍を、写真とともにご報告いたします。

ネイティブ教員も多く、ニュージーランド留学や「英検まつり」などにより「英語の佼成」と称される本校。しかし「和の心」を大切にする活動も盛んです。
その代表が校内でも人気の書道部(顧問・崎山隆則 櫻井直毅)。2010年ニュージーランドのジョン・キー首相来校の際に見事なパフォーマンスで会場を沸かせてくれたり、毎年スポーツフェスタ(体育祭)のチームTシャツをデザインしたりするなど、本校になくてはならない存在です。
自由に表現できる雰囲気の中、日本の文化を楽しみながら、和気あいあいと取り組んでいます。同時に、毎年多くのコンクールで上位入賞を果たしてきました。
書道教室
▲部室でもある書道教室にかざってあるスローガン「感動を与える書を世界へ!! ~伝統と新しい書への挑戦」
【この夏のコンクール結果報告】

●第6回全国高校生大作書道展(出品校55校 出品数239点 内 入賞14名)
「大作優秀賞(第4位)」 高2 1名

●第13回 高校生国際美術展(出品数8191点 入賞229点)
「奨励賞(第11席 総合26位)」 高2 1名

第6回全国高校生大作書道展 大作優秀賞
▲Uさん(高2)の受賞作品(現在、本校の玄関ロビーに掲示されています)



●第5回 全国高等学校 書道パフォーマンス甲子園
「本選出場決定」 本選7月29日四国中央市川之江体育館

●第47回高野山競書大会
「金剛峯寺賞(第3席)」 高3 1名
「高野山管長賞(第4席)」 高2 1名
「毎日新聞社賞(第5席)」 高1 1名
「審査委員長賞(第9席)」 中3 1名
「南山賞(第10席)」 高3 1名、高2 1名
「高野山書道協会賞(第11席)」高3 1名、高2 1名、高1 1名、中3 1名
「推薦(第12席)」高3 1名、高1 1名、中3 1名

●第11回岐阜女子大学全国書道展(出品数10195点)
「準大賞(第2席)」 高2 1名
「奨励賞(第4席)」 高3 1名、高2 1名、中3 1名
「特賞(第5席)」 高3 1名、高1 1名

●第36回全国高等学校総合文化祭 全国高総文祭とやま2012 (8月8日~12日 富山県魚津市魚津テクノスポーツドーム(ありそドーム)
「書道部門 東京都代表出場」 高2 1名

●第28回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会
「日本武道館奨励賞(第27席)」 高2 1名

●第43回近江神宮全国献書大会(出品数2048点)
「栗東市長賞(第18席 高校生中21位)」 高2 1名
「献書会賞(第22席 高校生中29位)」 高2 1名、高1 1名

●第17回全日本高校・大学生書道展(学生書道のグランプリ)(出品総数11056点(912校)、高校総数8265点(683校))
「全日本高校・大学生書道展賞(第2席 総合52位 高校生中16位)」 高2 1名
「優秀賞(第3席 総合452位 高校生中169位)」 高2 1名、高1 1名

書道部
▲部長(高2)「私たち書道部は、伝統と新しい書への挑戦というのがモットー。みんなで考えたり、話し合ったりして、楽しい部活を続けたいです」
書道部
▲高校2年生「これまでは、お手本を真似することで精一杯でした。でも今では、『この作者はどういう気持ちで書いたんだろう』ということを意識しながら書けるようになりました」
書道部
▲中学3年生「私の祖父母も書道が好きで、家に遊びに行ったときにいろいろと話ができました。書道をやっていて良かったな、と思いました」
全国高等学校 書道パフォーマンス甲子園 練習の様子
▲「全国高等学校 書道パフォーマンス甲子園」では、全員で音楽に合わせて「書」をつくりあげます。全国から19校が参加しました。(写真は練習の様子)
書道部
▲夏休みもほぼ毎日、部活に励んでいます。取材日には、大学に進学した先輩も応援のために参加していました。
生徒たちを指導する顧問の櫻井講師も、夏休みを返上して指導にあたっています。
「書道は千年以上つづいている日本文化。それを受け継ぎ、発展させていることに大きな喜びを感じます。部員にもその点を意識してもらいながら、感動を与える『書』を世界に発信してもらいたいです」(櫻井講師・談)

日本と世界を意識して活躍する、佼成女子の「書道ガールズ」。これからも彼女たちの活躍にご期待ください!

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)