中学説明会中学受験をお考えの皆さまにとって、いよいよ本格的な志望校選びの時期になりました。
本校でも10月13日(土)に「第3回中学説明会」を開催。多くの受験生・保護者の皆さまにお越しいただき、志望校としてご検討いただいております。

そんな今回の説明会は、「『行事が人をつくる』から『学習』へ」をテーマに開催しました。その内容をご報告いたします。

これまでもお伝えしている通り、佼成女子の特長は、

  1. 英語の佼成
  2. 行事が人をつくる
  3. 難関大学進学実績

の3点です。
今回はその中でも(2)の「学校行事」に焦点を当て、「『行事が人をつくる』から『学習』へ」という流れを山内校長、二木教諭(生活指導部長)、江川教頭(広報室長)によるリレー形式でご説明いたしました。

本校では、学校行事を大切にしています。行事を通じて、「他人を思いやる心」「リーダーシップ・フォロワーシップ」「コミュニケーション能力」を養うのです。これは社会に出てから、最も大切な力になることは間違いありません。
中でも佼成女子の学校行事は、一味違います。
例えば春の恒例行事である「スポーツフェスタ(体育祭)」では、クラス対抗の「大縄跳び」や「むかで競走」など、事前の練習成果がものをいう団体競技が中心です。この練習の中では、「あの子が練習に遅刻したから、上手くできなかった」など、時に「小さないさかい」が起こります。そんないさかいが起きたら、クラス担任を中心にとことん話し合い、解決に導きます。やがてクラスは一致団結し、行事は大いに盛り上がるのです。
しかし、ここまでは他の学校でもよくある光景です。佼成女子が一味違う理由は、ここで盛り上がったクラスの一体感を、勉強にも応用することなのです。
実は本校では、「スポーツフェスタ(体育祭)」や「乙女祭(文化祭)」などの行事の直後に、「英検まつり」という「勉強の行事」を開催しています。クラスが一体感を持っている状態で、「クラス対抗で英単語を覚える競争」をする。そうすると、生徒たちは楽しみながら、知らず知らずのうちに学力を伸ばすことができるのです。

学校行事を学習に活かす

これが佼成女子の「女子教育メソッド」です。特に女子には、「まわりが頑張っていると、自分もそれにつられて頑張る」という特性があります。クラス全体が勉強を頑張りだすと、勉強が苦手な子までつられて頑張るようになる、というわけです。

「イマージョン授業」を体験
▲別室では受験生たちが本校の「イマージョン授業」を体験。外国人教員とのゲームを楽しんでいただきました。
お得な入試についてもご説明
▲広報室長を兼務する江川教頭からは、お得な入試についてもご説明しました。
(下図、参照)
入試の特徴
▲江川教頭よりご説明した、本校独自のお得な入試システム。
志望校やスケジュールにあわせて、上手に組み合わせてください。
キャンパスツアー
▲恒例のキャンパスツアーでは、ネイティブ教員による英語でのご案内もありました。
今回も多くの皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。引き続き、多くの皆さまとお会いしたいと思っております。
第4回中学説明会は11月10日(土)14時から開催します。今後ともよろしくお願いいたします。

「2012東京私立中学・高等学校 池袋進学相談会(池袋サンシャインシティ)」10月21日(日)
こちらにも出展いたしますので、また多くの皆さまとお会いできればと思います。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)