第3回高校説明会公立中学校の先生を通じた「入試相談日」が目前となる中、本校では11月25日(日)に第3回高校説明会を開催しました。講堂いっぱいの受験生・保護者にお越しいただき、ここでしか聞けない入試の優遇制度など、盛りだくさんの情報をお伝えしました。
次回の12/1(土)14時~が今年度最後の高校説明会です。今ならまだ間に合いますので、皆さまぜひお越しください。

書道部パフォーマンス
本校の高校説明会は通常、「生徒によるパフォーマンス」でスタートします。今回のオープニングを飾ってくれたのは書道部の生徒たちによるパフォーマンスです。
12月9日(日)・16日(日)18時~NHK教育(Eテレ)で放送される「書道パフォーマンスバトル全国大会」にも出場しました。ぜひ本校書道部の活躍をテレビでご覧ください。
最初の学校長の挨拶では、「選ばれる女子校」としての本校をご説明。特に、『AERA』『プレジデントファミリー』『サンデー毎日』などのマスコミ各誌から高評価をいただいている現状を紹介し、その理由として、「心を説いた教育の実践」「英語力の育成」「講習体制の充実(=難関大学合格実績)」を挙げて解説しました。
さらに、下図のように「Q-Uアンケート」を毎年実施し、生徒の心に寄り添う教育を実施している点をご説明しました。
なお、校長から最新のメッセージ「和顔愛語(わげんあいご)」を本校ホームページで発信しています。よろしければこちらもご覧ください。
山内校長
▲「あのとき佼成女子を選んで良かったと、必ず思っていただけます」と、山内校長が熱く語りました。
生徒の気持ちを測るQUアンケートを実施
▲教育専門家からも「満足度60ポイントの学校はとても珍しい」との評価をいただいております。
つづいて、「夢をかなえる3コース」と題して、井上教頭と卒業生3名に登場してもらいながらご説明しました。

  • 特進文理コース(文理クラス、メディカルクラス)卒業生:大学で理学療法士を目指して勉強中
  • 進学コース:大学で数学の先生を目指して勉強中
  • 特進留学コース:大学で法律を勉強中

いずれの卒業生も、「佼成女子は第一志望ではなかったけど、逆にそれが良かった」との感想を語ってくれました。

井上教頭と3名の卒業生
▲井上教頭と3名の卒業生(平成24年3月卒)。高校時代を振り返り、「やっぱり女子校は楽しい!」と語りました。
最後に江川教頭から、入試概要をご説明しました。
安心の併願優遇制度など、説明会ならではの貴重な情報が盛りだくさんでした。

  • 皆さんの中学校の先生を通じた「入試相談」でほぼ決まります。12月15・16・17日の「入試相談日」までに、先生とよくご相談ください。最終、平成25年1月14日まで相談可能です。
  • 入学手続きの締め切りは、公立高校の合格発表の翌日16時まで、という併願に優しい制度があります。

(詳しくは【高校入試概要】もご覧ください)

さらに下記のように、「普通の子」が佼成女子で難関大学に進学できるシステムについてもご説明しました。

江川教頭
▲本校入試の窓口・江川教頭。
「都立高校推薦入試の女子倍率は3倍。さらに面接では集団討論も導入され、東京の西地区は激戦が予想されます。私立併願をお考えの方は、早めにご検討ください」
普通の女の子が難関大学に合格する佼成女子のメソッド
カフェテリア
▲施設見学では、広々としたカフェテリアもご案内しました。お昼休みには豊富なメニューから選んだ食事や、お弁当を広げる姿が見られます。
引き続き多くの皆さまにお会いできることを楽しみにしております。そしてぜひとも、佼成女子を選んでいただきたく思います。

【今後の高校説明会日程】
第4回高校説明会 12/1(土)14:00~15:30

【授業見学 随時受付中】
特に土曜日午前の見学がオススメです。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)