第4回 中学説明会中学受験をお考えの皆さまにとって、「あと3か月弱ですべてが決まる」という時期になりました。
そんな志望校選びの大詰めの中、本校でも11月10日(土)に「第4回中学説明会」を開催。
例年以上に多くの受験生・保護者の皆さまにお越しいただき、志望校としてご検討いただいております。
今回の説明会では、本校の特長である「満足していただける女子校」についてお伝えいたしました。その内容をご報告いたします。

これまでもお伝えしている通り、佼成女子の特長は、

  1. 英語の佼成
  2. 行事が人をつくる
  3. 難関大学進学実績

の3点です。これらの特長により、「普通の女の子が、卒業時には大きな夢を抱いて羽ばたける学校」として受験界から認知していただいています。
今回はその中でも「学校って何でしょう?」という問いかけの中から『友だちをつくるところ』という観点で(2)の「学校行事」と、そこから派生する「満足していただける女子校」に焦点を当て、山内校長、井上教頭、嘉戸教諭(中学1年生担任)、江川教頭(広報室長)によるリレー形式でご説明しました。

山内校長
▲「学校って何でしょう?」と問いかける山内校長。
「6年後に必ず、『あの時、佼成女子を選んで良かった』と思っていただけます」
井上教頭、嘉戸教諭
▲女子校ならではの思春期における生徒指導と、本校の親身な対応について語る井上教頭(写真・左)と、中1担任の嘉戸教諭(写真・右)。
特に最近問題視されている「いじめ」について、佼成女子では「Q-U(Questionnaire-Utilities)アンケート」という心理教育アセスメントを活用した、早期発見・早期対応が可能である点をご説明しました。

Q-Uアンケート

電子黒板を活用した授業
▲別室では受験生たちが算数や国語の問題にチャレンジ。算数の教室では、電子黒板を活用した授業も体験していただきました。
江川教頭
▲江川教頭からは、「本校には、『行事や勉強で苦しいことがあってもみんなで克服しよう』という女子の特性を活かした教育があります」と解説。さらに、受験生・保護者が挑戦しやすい入試についてもご説明しました。(下図、参照)
お得な入試システム
▲江川教頭よりご説明した、本校独自の受験しやすい入試システム。
併願校のスケジュールにあわせて、上手に組み合わせることができます。
ネイティブ教員による英語での施設見学
▲恒例の施設見学では、ネイティブ教員による英語でのご案内もありました。写真は本校自慢の「お茶室」です。
今回も多くの皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。志望校として、ぜひご検討いただければ幸いです。

●今年度の中学説明会は、残すところあと2回!
第5回中学説明会 12月15日(土)10時~
第6回中学説明会 1月12日(土)14時~

●さらに公立中高一貫校の受験対策にもなる「PISA型入試」問題学習会も開催決定!
12月8日(土)14時~ (無料・要予約)
教育研究家・安田理氏による「公立中高一貫校の現状」についての講演もありますので、こちらもお聴き逃しのないよう、お願いいたします。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)