高2進路ガイダンス本校の進路学習の一環として実施している高2進路ガイダンス。今年度は下記の8大学1専門学校の講師の先生方にご来校いただき、11月7日(水)に、模擬講義・授業を実施しました。

  • 多摩大学 グローバルスタディーズ学部 グローバルスタディーズ学科准教授 マーク・ザイオン 先生
    『Ryan’s Well:A Volunteer in Africa(ライアンの井戸:アフリカでのボランティア)』
  • フェリス女学院大学 国際交流学部国際交流学科准教授 古内洋平先生
    『紛争地域と私たちの暮らし』
  • 麗澤大学 経済学部教授 高巌先生
    『持続可能な社会と企業と人』
  • 目白大学・目白短大 人間学部児童教育学科助教 渡邉はるか先生
    『学習面でつまづきがある子どもの気持ちを考えてみよう』
  • 東京工科大学 応用生物学部応用生物学科准教授 藤沢章雄先生
    『酸素の科学:生命維持に欠かせない酸素ですが、酸素により生物は死に向かいます。
    酸素の光と影をわかりやすく説明します。』
  • 東京医療保健大学 医療保健学部看護学科講師 三國和美先生
    『新生児の力』
  • 聖徳大学・聖徳短大 人間栄養学部人間栄養学科講師 神田由紀先生
    『食育の現状と課題』
  • 桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部スポーツ教育学科助教授 木原洋一先生
    『体育の授業作り』
  • 山野美容芸術短期大学 美容デザイン専攻准教授 秋田留美先生
    『ヘアブレイド技術』

生徒たちは各自聞きたい講座を事前に選び、大学教授による生の大学の授業を50分間受けました。最新のトピックスを交えたワクワクする内容、時代によって変わらない物事の本質を考えさせる内容をなど、普段の高校での授業では学べない授業に心躍る50分を過ごしました。来年度の受験を前に、自分の進路の選択を考える材料になった生徒も多かったようです。

高2進路ガイダンス高2進路ガイダンス


生徒の感想より

  • 英語でガイダンスを受けたので聞き取るのは難しかったけど、DVDなどで世界の現状を知り、ボランティアに興味を持った。
  • 戦争と国際関係はどのようにつながっているのかを知ることができた。もともと興味があった分野でしたが、今回の授業でより興味を持ちました。大学選びの参考にします。ありがとうございました。
  • 自分が思っていたよりも単純な理由で紛争が起こっていると知って驚いた。日本はとても自由な国であることを実感した。世界の国々の格差がなくなるよう願っています。
  • 経済に全く知識のない自分にも分かりやすく、50分があっという間でした。先生から問いかけられた質問を考えることが楽しかったです。授業を受けて、人と人とのつながりを大切にするべきだと思いました。みんながそれぞれ幸せだと感じる社会作りに貢献できるようになりたいです。もっとお話聞きたかったです。
  • 以前から教育分野に興味がありましたが、『学習面でつまずきのある子供の気持ち』を考えたのは初めてでした。発達障害のことを知り、実際に疑似体験をしてみて、少しだけですが障害を抱える子供たちの大変さを初めて感じることができました。体験授業は新鮮で面白かったです。今日学んだことを将来に生かしたいと思います。ありがとうございました。
  • 説明がすごく分かりやすくて面白かったです。大学で授業を聞くのが楽しみで、大学に行きたいという気持ちも増してやる気が出ました。
  • 赤ちゃんがとてもかわいかったです。話も面白く、赤ちゃんの神秘さがよく分かりました。特に反射の話が興味深かったです。また助産師さんは出産のお手伝いだけでなく、お母さんの心のケアまで行うと聞いてとても心が温まりました。私も人の役に立てるような職業に就きたいと思いました。
  • 食育を推進しなければならない理由や食の現状がよく分かりました。これからもっと食について自分で調べたりして知識を増やし夢である管理栄養士になれるように頑張りたいなと思いました。
  • 映像で体育の授業風景を見ながら、分かりやすく『体育の目的』や『勝利と楽しさの違い』を分かってためになりました。ありがとうございました。
  • 編み込みなど不安だっただったのですが、とても分かりやすく丁寧に教えて下さったので嬉しかったです。人の髪を触るのが好きなので美容の道を考えていますが、もっと上手になりたい、技術を学びたいとますます興味が湧きました。

(文責 高2進路担当 白谷朋子)