12月17日~20日の3泊4日、今年も生徒指導部主催でスキースノーボード教室が開催されました。場所は志賀高原一ノ瀬スキー場。参加者は希望を募り、中学13名、高校9名の計22名と例年に比べるとやや少なめの参加者でした。朝7時に学校へ集合。関越上越自動車道を通り、5時間かけてお昼に志賀高原に到着しました。今年初の雪にみな興奮気味でした。

ホテル一の瀬さん
3泊4日でお世話になるホテル一の瀬さんです。スキーシーズンが始まったばかりの平日なので、ホテルは佼成女子の貸し切り状態。とても贅沢でした。
開校式
第1日。天気晴れ。開校式の様子。若林プロスキースクールのインストラクターの方との対面にドキドキ。
スノーボード講習
講習開始。スノーボード班は高校生だけでした。ほとんどの生徒が初心者で、なかには両足をボードに固定される恐怖に悲鳴を上げる生徒も・・・きゃー
スキー初心者班
こちらはスキー初心者班の様子。中学1年生ばかりでした。スキーの基本を教えましたが、思い通りに操作できないスキー板に四苦八苦でした。
メインゲレンデ
メインゲレンデは一の瀬ファミリースキー場。クワッドリフトに乗って行くとそこには美しい北アルプスの景色が見えました。来てよかったね~。
夕食
初日の講習が終了。ゆっくりホテルの温泉に浸かって疲れを取り、楽しみにしていた夕食の様子。
“りんごのてんぷら”には驚きましたが、食べてみると意外に美味く、何度も取りに行く生徒がいました。
スキー教室
第2日は吹雪く中、講習が行われました。スキー初心者班ははじめてリフトに乗りました。うまく乗れずリフトを止めてしまう場面もありましたが、上まで行って初級者用の林間コースをボーゲンでゆっくりゆっくりと列になって降りてきました。昨日は雪の上で立っているのがやっとの様子でしたが、着実に上達しているのがわかりました。
スキー教室
第3日。天気晴れ。スキー経験者班は中学2年と高校1年の班でした。本校の佐野陽子先生の指導のもと、中級コース、上級コースなどに連れて行ってもらい、かなり上達している様子でした。なかにはパラレルを習得している生徒もいました。カッコいいね。
スキー教室
第4日。最終日。この日はいままでの練習の成果を発揮するバッチテストを全員実施しました。
インストラクターの方の指示のもと、緊張しながら一人ずつ滑りました。
閉校式
閉校式の様子。お世話になったインストラクターの方々と記念写真。お世話になりました。
記念撮影
最後に全員そろって記念撮影!
インストラクターの方々
インストラクターの方々の見送りの中、バスに乗って東京へ出発。「もっと滑りたかったなぁ~」とつぶやく生徒も。来年もまた来ますね!
バスの中では、バッチテストの成績を係の楓先生から発表し、お互いの健闘を称えました。

今年のスキースノーボード教室は大怪我や病気になる生徒がいなくほっとしました。みなこの4日間でかなり上達し、いい思い出が出来たと思います。
みなさん、来年もふるって参加してください。お待ちしております。

(文責:生徒指導部長 二木)