2週間に渡る語学学校カプランでの研修も最終日を迎えました。
結局、全員が集結した日から今日まで生徒同士の会話はずっと英語で、カプランの先生方も「異例」と絶賛して下さいました。帰国後も2Eクラス内の公用語は英語になりそうです。これもクラス留学の素晴らしさです。個人留学なら帰国したら英語で話す相手がいないのですから・・・。
さらに嬉しいことに、昨日受けたTOEIC模試の結果が返却されたのですが、クラスの平均点が前代未聞の703点となったのです(990点満点)。Yuriは960のベストスコアを記録し、800点以上は8名となります。ほぼ全員が500点以上というのは貿易商社に務めるお父さんが聞いたら絶句するのではないでしょうか。
さて、本日の午後にはささやかな修了式が執り行なわれました。クラスごとに担当の先生から激励を受け、一人ひとり修了証を手渡されます。どの生徒の表情も担任が今までに見た最高の笑顔でした。
クラスごとに代表が謝辞を述べ、全員でパフォーマンスをするのですが、これも当クラスのお家芸である「ダンス」を披露しました。
そして、最後には中央委員Sakuraの日本語の号令の下、みんなで「ありがとうございました」と日本式に礼をすると、校長先生が「ドーイタシマシテー」とすぐさま返答。
さすが世界中に教室を持つ米国ワシントンポスト社の語学学校カプラン・インターナショナルでした。
今日は空港近くのホテルに移動し、翌朝には帰国です。最愛の子供を異国に預け、我が子の成長を祈りずっと待っておられた親御さんには、せめて日本語で「タダイマー」と元気に応えることを期待しております。

(文責:留学コース8期生担任 脇坂秀樹)

宍戸部長と橋本理事
宍戸国際交流部長と橋本学園担当常務理事も激励に駆けつけてくださいました
ランチタイム
修了式前のランチタイム
ランチタイム
最後の晩餐?です
修了証書
留学成功の修了証書
ダンス
最高の気分を舞?で披露
テキスト
愛用したテキストは上級編