中学説明会とうとう中学受験も秒読み段階。本校の願書受付は明日からです。
そんな中、本校では1月12日(土)に今期最後の中学説明会を開催。例年以上に多くの受験生・保護者の皆さまにお越しいただき、志望校としてご検討いただいております。

今回の説明会では、本校の最大の特長である「英語の佼成」についてお伝えいたしました。その内容をご報告いたします。

これまでもお伝えしている通り、佼成女子の特長は、

  1. 英語の佼成
  2. 行事が人をつくる
  3. 難関大学進学実績

の3点です。これらの特長により、「普通の女の子が、卒業時には大きな夢を抱いて羽ばたける学校」として教育・受験界から認知していただいています。
今回はこれまでの「まとめ」として、皆さまからもっとも注目されている「英語の佼成」に焦点を当て、中学生や留学帰国生の英語の実力をご覧いただきました。

英会話デモンストレーション
▲中学生とステファン先生による英会話デモンストレーション。会場の皆さまはその発音の良さにも驚いておられました。
山内校長
▲本校の特色ある教育について語る山内校長。「皆さまのお嬢さんも、必ずこのような英語が使えるようになります」とアピールしました。
英語フリートーク
▲続いて、ニュージーランドから帰国したばかりの特進留学クラスの高校2年生(中学から本校に通っていました)とポール先生による英語フリートーク。世界に羽ばたける実力を、皆さまにご確認いただきました。
江川教頭
▲英語教諭でもある江川教頭からは、「なぜこういう生徒が育つのか」ということについて、本校独自の英語教育メソッドをご紹介。「『苦しい勉強もみんなで克服しよう』という女子特有の連帯感を活かした教育があります」と解説しました(下図、参照)。
女子校ならではの英語教育
内山教諭
▲最後に広報室室長補佐の内山教諭から、最新の電子黒板を活用しながら、2万円で何度でも受験できる本校の受験スタイルをご説明しました(下図もご参照ください)。
【佼成女子中学校 入試の特色】

  • 2月2日には「入学金、6年間の授業料、学内の希望する講習」を全額免除の「特別奨学生入試」あり。
  • 公立中高一貫校・適性検査型「PISA(ピサ)型入試」のパイオニア。桜修館、三鷹、南多摩、白鴎との併願校として最適(雑誌『AERA』掲載)。受験料は6000円。公立中高の「腕試し」としても活用可能。授業料などを免除する特待生入試「PISA特(ピサとく)」も実施。
  • 合格のポイントは「過去問」の復習にあり!
佼成女子中 入試の特徴

今回も多くの皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。ぜひ志望校としてご検討いただければ幸いです。
ご不明な点はいつでもお電話にてお問い合わせください。(電話03-3300-2351)

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)