後援会では「アフリカへ毛布をおくる運動」・「ゆめポッケ」や季節の行事など、情操的な教育活動に対して支援をしています。
今回は節分会です。
今年も後援会から生徒に節分の福豆が配布されました。その中身をご紹介いたします。

節分の福豆
節分には、豆をまいて、災厄や魔を追い払います。
「福は内、鬼は外」と唱えて豆まきをしますが、その鬼はどこにいるのでしょう。
節分の福豆
心に棲みつく3匹の鬼
一匹目は「貪」(とん)貪りの鬼 「あれも」「これも」と欲張りで薄情
二匹目は「瞋」(じん)怒りの鬼 いつも不機嫌で怒ってばっかり
三匹目は「痴」(ち)愚かな鬼 いつも不平不満だらけ  
節分の福豆
心の鬼を追い払い「感謝」で過ごせますように。
節分の福豆
箱の中には福豆・マーブルチョコレート・「しおり」(右下のカード)が入っています。
「しおり」は全部で11種類ありますが、それぞれに人につくす・寛容・人への思いやり、相手の立場に立つ、などの意味があります。
福豆の箱の中に入っている11種類の言葉の意味はこちら(PDF)からご覧ください。