雪景色1月14日(月)の成人の日、本校カフェテリアにて、新成人OGの「成人を祝う会」が開催されました。この日は急速に発達した低気圧の関係で、都内はたいへんな雪。道路や交通機関の乱れで到着が遅れ、15分遅れ少人数でのスタートとなりましたが、会が進むにつれようやく到着できたOGや保護者の方々もどんどん増えて、外の雪景色が嘘のような、暖かく笑い声が絶えないホワイト成人式パーティとなりました。

初雪が大雪となったこの日、あちこちで往生する振袖姿の新成人を見かけました。
佼成女子の成人を祝う会も、予定の15時を過ぎてから、ようやく新成人や保護者の皆さんたちが到着し始め、新成人たちは五月雨式に到着。結果的に30人ほどの新成人が集合し、パーティは大盛況となりました。

成人を祝う会
「よくがんばって来たね~、きれいになったね~」と井上教頭に迎えられる新成人。
山内校長
「この雪の中の成人式は、皆さんにとって生涯忘れられない日になるでしょう」と山内校長。ご祝辞をいただきましたご来賓の方々もありがとうございました。
新成人の誓い
新成人の誓いは森屋さん、井上さん、中村さん。「6年間の佼成女子の思い出は心に沁みついています。ここで成人を祝っていただけてすごく嬉しいです」
乾杯
学内カフェテリアなので、ノンアルコールシャンパンで「かんぱーい!」。
保護者の方々
お子さんの成人が当人以上に嬉しい保護者の方々。「こういうところを見ると、女子校っていいですよねえ」と目を細めていらっしゃいました。
元担任の先生方
元担任の先生方も一言。「乙女祭でみんなと焼き鳥1000本焼いたのが懐かしいです」「社会人になった後が心配です(笑)。立派な大人になって下さいね」
新成人
新成人

新成人全員にマイクが回って近況報告。「二十歳になったので常識ある人間に」「スポーツのために朝5時に電車に乗ってます」「卒論のテーマで悩んでます」「浪人から無事に合格しました!」

校歌斉唱
保護者代表の吉岡さんのお母さまからもお言葉をいただきました。ありがとうございます。
次第にメンバーが増えていって、最後に会場はいっぱいに。起立してなつかしの校歌斉唱です。
成人を祝う会
新成人も保護者の方も先生も全員揃っての記念写真。山内校長の言葉のように、今日の成人式は忘れられない日となるでしょう。
髪飾り
この髪飾りは、れいほう会の方々が卒業生に手作りして下さったコサージュのアレンジ。晴れの席でまた使ってもらえて、コサージュも喜んでいます。
記念写真
まだまだ続いている撮影タイムですが、パーティは終わり。おしゃべりで根が生えたかと思われたところに井上教頭の鶴の一声でみんな動き出すのは、2年前と変わらないですね。
去年の卒業生たち
今回手伝ってくれた去年の卒業生たち。全員スーツで裏方に徹してくれました。来年の主役の時には、やっぱり着物着たいそうです。お疲れ様でした!
手書きのメッセージ
記念品はお菓子とボールペン。そしてかわいい後輩からのこんな手書きのメッセージが。
お茶室
パーティ終了後、お茶室では茶道部OGたちがおもてなしを受けていました。今日のための江戸千家の初釜のしつらえです。茶室に着物はとてもよく似合います。
今年で3回目となった、佼成女子での「成人を祝う会」。残念ながら会場に向かったのに到着がかなわなかったOGや先生方もいらっしゃいましたが、保護者代表の吉岡さんのお言葉のように今日の成人式は「白い世界に振袖が映えていたと思いたい」ですね。
閉会の後は、皆さんの雪支度を見守り、無事の帰宅を祈りました。

成人の次は社会人。OGの皆さんには時々懐かしい顔を母校に見せていただきたいもの。佼成女子は、卒業生たちの「永遠の母校」として、輝かしい新成人のこれからの幸せを願ってやみません。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)