Apple Blossom公立大学法人国際教養大学(秋田県立国際教養大学(秋田県秋田市、AIU)以下AIU)は2004年に開学、卒業生を送り出すのが今年で6回目というまだ新しい大学です。
しかし、ほぼすべての授業が英語で行われているだけでなく、学生には1年間の海外留学が義務付けられ、さらに就職率はほぼ100%という、昨今のグローバル化の波の中でたいへんな注目を浴びている大学でもあります。

そんな国際教養大学に、佼成女子から初の合格者が出ました。
KGGS留学コース7期生の3年、安達美樹さんです。

2009年には4.1倍だった競争率が2011年には10倍になるなど志願者も増加の一途をたどり、受験偏差値も旧7帝国大に肩を並べるとまで言われるようになったAIU。
地方にあるまだ新しい大学でありながら、全国から学生が集まり、留学生も25か国から163名(2010年秋学期時点)。
世界で通用するコミュニケーション能力を持った学生を輩出することで、知名度、競争率、偏差値が急上昇しています。
カリキュラムも海外とのコミュニケーション能力重視で、

  1. 「英語を学ぶ大学」ではなく「英語で学ぶ大学」としてすべての授業が英語で行われる
  2. 最低1年間の海外留学が卒業要件
  3. 世界各地の提携大学から留学生が集まっている
  4. 図書館が24時間使えるなど、いつでも勉強できる環境が整っている

といったころに特色があります。
所在地もJR秋田駅からバスで30分かかる雪深い場所で、まさに勉強のためにある環境です。

まだ他にも受験した大学の発表待ちとはいえ、もう第一志望のAIUに入ることは決めているという安達さんが初めてその名前を知ったのは高1のとき。
AIUを取り上げた番組をお母様がご覧になって気に入り、勧められた安達さんも、いい大学だなと思ったそうです。
そして決定打となったのが、ニュージーランドの1年留学から帰ってきて、志望を東京外語大学かAIUかで迷っていた時期に、説明会でAIUの中嶋学長の話を聞いたこと。

「日本全体のことを考えていらして、日本の大学生たちはもっと世界の大学生のように勉強して、世界で活躍できるようにならないと、という壮大なお話でした。そこで、私はこの大学に行きたいと決心したのです」

AIUの入試は、AOなどの特別選抜入試、一般入試と大きく二つに分かれ、さらに一般入試もA日程、B日程、C日程の3つ。
日程が合えば再度受験できます。
試験科目等も日程により異なり、入試も全国各地で行われますが、それは大学の様々な個性の学生を入れたいという意向によるものです。
安達さんはまず秋田で行われたAO入試にチャレンジし、次に東京会場でのA日程、さらにC日程受験も視野に入れていました。

「他の大学と比べて、入試問題からして違いました。ほとんど小論文のような記述式の問題中心です。AOは落ちてしまったのですが、実はA日程でもうまくいった感触を持てなかったので、次に得意な英語だけの試験となるC日程を受けるつもりでした。絶対自分の番号はないという気持ちで合格発表を見たので、信じられなかったです」

しかし安達さんはセンター試験でも英語筆記試験で満点を取り、入試での特例措置となる英検準1級以上という資格を満たしていましたので、安達さんの合格は決して予想外ではなかったのだと思います。

「英語が最初からできたわけではなくて、勉強するようになったのは、高校受験のために塾に入ってからです」という安達さんは、実は佼成女子は第一志望ではなかったそうです。

総括「でも結果的に、佼成女子に入って、本当に良かったと思っています。すごく楽しかったというのが、佼成女子の思い出です。先生方も親身になって面倒見て下さるし。受験対策も先生方と講習室スタッフとの連係がよく、ムダのない効率的な学習内容でした。放課後も講習室の先生に質問攻めでご迷惑をかけていましたけど、そのことがすごい幸せでした(笑)」

すでに佼成女子の後輩たちの中にもAIUを視野にいれている生徒もいるようですが、安達さんの入学により、より校内での注目が高まることでしょう。
安達さんも、「後輩たちのためにも受かってよかった」と嬉しそうでした。

AIUは、初年度は全員が寮に入ります。
海外からの留学生も同じ寮ですから、とても距離の近い生活になります。
文化も価値観も異なる人たちとの共同生活は、当然対立もあるということですが、その結果得られるものも大きいでしょう。
また、卒業するのも大変で、入学したらまず当面の目標として、留学前にTOEFL550点以上を取るなどの条件をクリアしなければなりません。

「本当に勉強する学生が集まる大学で、図書館で夜中12時過ぎに勉強している学生の数を数えたら、平均で100人以上いると聞きました。課題も大変らしいです。私も入学したらやっぱり一生懸命勉強したいですね」(安達さん)。

「将来の仕事のイメージはまだ漠然としていますが、その前に世界一周旅行して世界が見てみたい」と夢を語ってくれた安達さん。
今度は大学で経験したこと、学んでみて感じたことなどをどんどん後輩たちに伝えてくれたら嬉しいです。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)